この記事は約 3 分で読めます

雪華抄・金色の砂漠 明日海りお 初日舞台挨拶

雪華抄・金色の砂漠 明日海りおさんの 初日舞台挨拶の概要です。

 

若干のうろ覚えと拍手しててぼーっとしてたとこもありますので、細かい文末が違っててもごめんなさい。

 

 

明日海りお 初日舞台挨拶

 

皆様、本日は初日の舞台をご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

今回、日本物のレビューでは、専科より松本悠里先生、そして、お芝居では英真直樹さんをお迎えして、大変心強いお力添えを頂きながら、1ヶ月間上演させていただく事になりました。

 

花組にとりましては、こうしてショー・芝居両方が新作であるということ、新作オリジナルであるということが、大変久しぶりでございます。

 

ですので、こうして、おそらく無事に初日の幕を開けることができて、少しホッと、 正直まだホッとできてないのですが、多分帰宅したらすると思います。

 

えー。原田諒先生。 そして上田久美子先生。

 

お2人が、愛情とこだわりをたっぷりこめて、そして我々花組への可能性を信じて書いてくださったこの作品を大切に演じて参りたいと思います。

 

・・・・・

 

日々、新鮮に、そして真摯に、舞台を勤めて参りたいと思います。

 

千秋楽には今回の渾身の力作、いかがでしたでしょうか?とお客様に問うことができるよう頑張っていきたいと思います。

 

それでは千秋楽まで、どうぞよろしくお願い致します。

 

本日は、本当にありがとうございました。

 

アンコール

 

えー、この公演はさえばなりおな かのまりあ、おうかりな。

 

えー、”り”がちょっと多いですね、はい。

 

この3名の、宝塚卒業公演となります。 3人の輝く姿をどうぞ暖かく見まもってくださいませ。

 

そして、えー、フレッシュな可愛い研1さんを迎えました。

 

(後ろを向いていきなり) 研1さん!!??

 

ハイ・・ハイ・・・(ばらばら)

 

がんばるぞー! (いきなり)

 

お・・おう・・ (意表をつかれた感じ)

 

頑張るぞー!! (再度) おう!

 

はい、私たちも頑張るぞー↓ (周りのキャストを見ながら)

 

はい、本日は本当にありがとうございました。

 

 

再度アンコール

 

初日ですのに、ありがとうございます。

折角お立ちオタチいただきましたので、 舞台の成功を祈願をいたしまして、かのまりあさんに・・ はなぐみ最高をやって頂きたいと思います。

 

じゃあ、前へ。

 

えー、これを左手に持ち替えます (まわりのキャストへ扇子を)

 

かのが花組と申しますので、みなさまはさいこーでお願いします!

 

はいっ、では!

 

はなぐみー? (かのちゃん)

 

さいこおー!!

 

あ、でも、ちょっといまのは本領が発揮できなかった気が致します・・・

 

もっと、はなぐみー?ではなく はぁなぐぅみぃぃぃぃぃーーー(ドスのきいた声)

 

また千秋楽にやりたいとおもいます、はい。

 

はい、こうやって祈願して頂きましたので、私どももがんばりたいと思います。

 

どんどんさむくなって参りますので、みなさま、お身体などインフルエンザなどやって参りますから、はい、お気をつけくださいませ。

 

それでは・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・これて終わります。

 

本当にありがとうございましたー!