この記事は約 5 分で読めます

王妃の館とちぎみゆとコンサバと

今日は、王妃の館制作発表会レポートが出てきましたわね。

みりおんのラストを締めくくる娘1の集大成の演目。

 

 

コメディもできる宙組に期待

 

原作物だけど、原作が面白ければ大まかに言って外れないから、これから小説はムラで王妃の館が始まる前までに読んでおくつもり。

 

コメディなんだよね?

 

コメディと言えば、正塚作品らしからぬメランコリックジゴロはこの前スカステでもやっていたので見た方も多いと思うけど、真風との掛け合いも上手で凄く面白かったから、コメディも演じられる宙組をまた見たいと思うんだわ。

 

 

多分、劇団の意図にそのまま嵌っていると思われ(笑

 

・・・メランコリックジゴロは真風の上手さに驚いた記憶があるなぁ。

 

ダイジェスト見ると、コメディ要素はわからないまでも、面白そうなイントロになっているのでお芝居自体のストーリーもちょっと期待している。

 

ちゃらくてカッコいいピンクスーツのまぁさまと、出来るOL風のみりおんの衣装も素敵なのでいいね!

 

前になんの時だったか・・まぁさまが赤いスーツで同じような髪型をしていた時に・・・思った感想が。

 

紅いガチャピンがおる。

 

だったんだよね。

 

一度そう見てしまうと、銀英伝も紺色のガチャピンに見えたり、不都合が生じるのでそう思わないことにした。

 

ピンクのまぁさまもかっこいいけど、その髪型だと・・ううん、カッコいい。

っていうか、あってるよね、さばさば感と、ちゃらさといい感じでまぁさまに似合っている。

 

今回、演出の田渕せんせは大劇場デビュー作だけど、この前のちぎみゆローマの休日の演出家でもあるので、今度は田渕せんせの大人数の時の人の演出の仕方と独自性に注目しているよ。

 

ローマの時は人の適材適所ぶりとそのキャストが輝く演出が光ってたと思う。

 

みんなかっこよく見えるのが大事だし、そのキャストの良さや意義を引き出してあげれるような演出がないといけないと思うの。

 

演じる方の巧さだけでは片手落ちだからね。

 

人数が少ないと構成が少なくなるから難易度はそれほどだけれど、難しいのはキャストが増えた時にどう対応していくかで、これは、うえくみせんせも明日からのコンサバではどうしているか、また楽しみに見ているポイントではあるの。

 

加えて、”演出がこの人だからどんなお芝居でも面白くしてくれる!”という引き出してくれる新たな魅力に期待してる。

 

ダイジェストのムービーの歌の場面で聞いてると、エリザからまぁさまはさらに歌が上手くなった気がして、のびのびした声だなぁと感じた。

”う”行の発声がまぁさま独特な感じがするよね。

 

 

ちぎみゆの例の話

 

で、なんだけど、王妃の館の制作発表会レポートが13時に更新されてですね・・・

 

出演者コメントの写真が、20分間くらいちぎみゆだった

 

という話を聞きましてね。

その後、すぐにもちろん直っていたけれどね。

 

深読みすると・・・ってか、ありえる話としてなんだけど、web管理者・制作をどこでやっているのかは知らんが、多分企業でやってた人ならわかるでしょ。

 

ちぎみゆになってた理由はどーーれだ。

 

  1.  制作発表のHTMLのテンプレを使いまわしていて、a hrefの画像リンクが前のままだった
  2.  次のニュースのページ制作を既にしていて、そこでちぎみゆの写真を使う必要がある(リンクミス)
  3.  それ以外

 

まぁ、いずれにせよ本番環境FTP前の確認漏れだよね。

 

にしても、2だとちょっとガクガクブルブル。

15日・16日まで大丈夫と踏んでいたけれど・・・

 

もう一度確認。

 

  • 11/10 星組新公
  • 11/11 花組ムラ初日
  • 11/12(土) 土日は大体発表なし
  • 11/13(日) 土日は大体発表なし
  • 11/14 月組ムラ集合日
  • 11/15(火)
  • 11/16(水)
  • 11/17 雪組東宝集合日
  • 11/18 宙組全ツ初日
  • 11/19(土) 土日は大体発表なし
  • 11/20 星組東宝千秋楽
  • 11/21(月)
  • 11/22 宙組バウ初日
  • 11/23(火)
  • 11/24(水)
  • 11/25 雪組東宝初日
  • 12/3 宙組バウ楽/雪組中日一般前売開始

 

こんな感じなので、重要事項はイベントには発表かぶりませんゆえ、15・16と考えておる次第。保証なし。

 

なんか、ちぎみゆ6作決定、続投やった!とか喜んでいる人はネタなのか本当にわからんよ。。。。

 

なんだか、『みっちゃん84だし、みっちゃんの千秋楽までは発表は控えるにきまってるじゃん!』という人も、いた。

 

トップは横並びなので、84関係ないにしろ、退団発表は大きいゆえそれもありうると思ってしまう自分。

 

その場合は、例外的にピンポイント21日なのかな・・でも、みっちゃん翌日には幾ら何でもと思うので、そうすると多分無いと思いつつ、23・24もないわけではない候補に挙がってしまう訳ですよ。

 

でも、東宝初日にいくらなんでも近すぎるからそれもないだろう、組子へのお知らせが遅いから動揺するし・・とか思うとない。

 

東宝後というパターンもこれまでにはあったなぁとか思うと、結局もう一思いに!!とか気持ちが焦っちゃう訳ですよ。

 

ひとまず、個人的には15・16を本線に覚悟をしておりますゆえ。

 

こっちの方がメランコリックですよ。

 

 

明日からの金色の砂漠

 

いよいよ明日から花組の金色の砂漠。

相変わらずすいません、なんもなければ初日行ってくる予定ですわ、ほぼ一番後ろの方の席だけど。

 

舞台映像やスカステのお稽古見て感想は言えないから、事前情報は公式以外では入れられないけれど、管理人は期待している。

 

ただ、舞台としてはショーの和物は昔からのファンやお年を召した方は好評で定評があるものの、私観では、どうしても公演人気自体の盛り上がりに欠ける傾向があるので、今回はどうかなと。

 

原田せんせも若いし、衣装も大先生だから、伝統と現代的な新しい感性との折衷に期待してるんだ。和物の良さを見つけてくる勢いとその姿勢で見てくるつもり。

 

金色の砂漠に期待している訳は、うえくみせんせと言うこともあるんだけど、どこかのインタビューでさ、みりおがかのちゃんと話してて、”こういう感じで終わる結末の物語がやりたかったよね!”と言ってたのを見た気がするんだ。なんだったかな・・・

 

まぁ、見てておっさんだけに汚い絵になりたくはないから、涙もろいものの、劇場では泣くには泣けないんだけどさ。

 

みりかのがやりたいお芝居なら、気持ちが入るだろうし、きっとうえくみ先生なら泣ける。

 

最後のここにきて、おそらくみりかのの代表作になる可能性もありうると踏んでいる。

 

うーん、ハッピーエンドというよりは、やっぱり傾向と対策を考えうるに、きっとみりおの腕の中でかのちゃんが息を引き取る的なラストを想像して、ハンカチ持ってくようだな、とか妄想してる。

 

キモい。

 

ひとまず明日行けばわかることさ。

 

16時超えて特になにもでなかったね(笑