この記事は約 6 分で読めます

桜華に舞えのテーマをリピートしながらケイレブハントに期待する

桜華に舞えのテーマをリピートして聞きながら、目下色々と作業している管理人です。

 

そして、はい、ケイレブの初日が迫っている中、少し憂鬱な管理人です。

というのも、初日は管理人は行けない事が確定してるからですねー、ハイ。

 

 

当日お留守番

 

 

無念。

 

 

 

お留守番・・・みんな楽しんで見てきてね・・・。

 

なんだか宝塚歌劇の公式サイトの一般前売りでも席が揺り戻し来てるね。
少しまた席のリリースが増えてきた気がする。

 

一気に本当に売れてしまったらもうヤケになってみない人もいると思うし、こういう席のコントロールって経営側から見たら、本当に難しいよね。

 

でも、あるところにはあるという不思議・・・
たまに恩恵に預かるのでなんとも言えませんが・・・

 

でもそれ以外にも、やっぱり何個かチケットって一般でも取りやすいルートはあるよね。
知っている人は知っている、〇〇〇〇とか。

 

ケイレブハントは、雪トップ修造のファンが最身近にいるので、初日含め管理人の代わりにたくさん抑えているから、管理人自身は今回雪を少し控えようと思っててね。

 

まだ、そこまで日にちを抑えてないし、どうせ当日気合いで並べばいいや、というのもあるし。

 

でも、初日の翌日が一般売りで数枚出てたので取ってみた。やた!B席だけどな。
これで後半も取って、最初の方と最後の方で比べて、

 

「あぁ、うまくなったなぁ」

 

とか、生意気に上目線でほくそ笑むのもまた楽しみの一つ。

どうせ公演中日もゲリラで、何日もまた当日Bとか並びにいくんだろうけど。

 

話違いだけど、某掲示板スレの雪組が若干荒れてて悲しい。

 

水はなんとなく感じが個人的に怖かったけど、キムもえりたそも今のトリデンテも好きだし、仮にちぎが来年退団しても、それでも、また、きっといい雪になるよ。

 

雪組愛もわかるけど、宝塚イチファンとして、いろんな考え方やそれぞれの人にとっての大事なものがあって、自分が好きなのと同じだけ、他の人も自分の大事なものが好きなんだよね。

 

まぁ、そんな事わかった上でのプロレスだと思ってるからいいんだけど、それでも表面上も仲良く〜>< と思ってしまう草食系オッサンがここにいるのでござる。

 

でも、男ってあまりこういう正直人事みたいな事に関しては、云っても争いになる事ないんだよね。ごめん、管理人が会社の社内政治争いとか嫌いだからかも。

 

だから感覚がわかりにくいというのもある。

 

星もきっと、いい星になるよ・・絶対・・・

 

みっちゃんがあれだけ組子のためを思って、舞台選曲してたりとか、後のためを思ってこれだけ早く去ったんだから・・・礼音さんからのワンクッション、絶対無駄にはしてくれるな。

 

まぁ、でも元々ファンも多いしね、べにこ。

il Rossoだっけ?べにこ会の名前。

 

桜華に舞えのときも2列に分かれてすごい並びようだったね。

 

まぁ、ともかく「ああだから嫌い」「こうだから許せない」 とかじゃなくて、現状を受け入れてそういうところも含めて好きになる努力!

(を主に自分に言い聞かせている)

 

・・・・結婚してるとね

 

はい、以上、生活感のあるリアリストでした。

 

 

正塚先生に期待中

 

そうそう、ケイレブハントは大御所オリジナルのハズレも多い正塚先生ですわよね。

 

だから、実はストーリーも面白いんじゃないかとめっちゃごくごくごくごく密かに個人的に期待しているんだ。毎度毎回何度でも期待しているんだ!

 

管理人の最も好きな演目の一つ。

 

銀の狼

 

正塚先生なんですわ。

なかなか宝塚では無いよ、あの展開とキャスト。

 

エリザの死の帝王をトップに据えるキャストで物議を醸したのと同じだもんね。
暗殺者がトップ。

 

特に初演のかなめさんの声は出てくるだけで場の雰囲気が変わる。
今の美穂さんのような卓越さを感じるもんね。

 

二転三転するサスペンス。
今回はあらすじみてたら、そこまでのサスペンス的な感じではなさそうだけど、謎を呼ぶ感じの展開を期待して、ストーリーも夢がひろがりんぐ。

 

もうね、銀の狼は初演見たの管理人もVHSだからね。
残っている映像はビデオだよビデオ。しかも知人に借りたやつ。

 

DVDじゃないからね。
高校生の方たちはおそらく知らんだろう、古代文明のオーパーツを。
βとか絶対に知らないと思う。どうでもいいけど。

 

悔恨とか何度聞いても西野カナばりに震える。

3番手まで3人出てきて皆歌うんだよ。

そして、最後パートと歌詞分かれる所とかね。

 

ダークな感じがなんとも言えません。

 

もともと管理人根暗だかんね!

 

 

 

桜花に舞えのテーマをリピート

 

桜華に舞え

ここ最近の作業曲になっていて、1回あたりが2分ちょっとなので、リピートしてると気がつかなくても1日最低百回以上は聴いている計算になる。ってか聞いてる。

 

こういう感じの曲を歌うまさんに歌ってもらえる歌劇は見るのも聞くのも至福だと思うわけですよ。

 

たしか、斎藤先生が作詞だったと思うのよね。

 

個人的には歌やメロディーが良いお芝居は大好きで、ついつい行って生で聴きたいという衝動にかられるんだよねー。

 

そして、やっぱり生で聞くと素晴らしいし、違う。

 

この前、音響の違いの感覚を久しぶりに如実に体感したけれど、同じ声を出して歌っていても、当日Bで一番後ろとかに座ればわかる話、気まで届く人と、歌が届く人と、声が聞こえるだけの人といるんだ。

 

 まぁ、マイク補正がわからないから管理人の素人耳だけどね。

 

でもこれって、歌が上手い下手ともまた違うんだよね。
もちろん、歌が巧い人程、気を載せる術を知っているのかとすら思うこともあるけど^^;

 

楽器の音色ですら、プロは大抵気が載っているからね。

 

ジェンヌさんってもちろん、好きでやっている人がほとんどだと思うけど、そりゃ毎日やっていて、気分が乗らない時もあると思うし、調子の悪い時もあると思う。

 

気が乗るというのは文字通り、本当にその人の気が乗るからね。
そして、それでも一生懸命演じている姿はとても輝いて見える。

 

みっちゃんは本当に”お客さんをいかに楽しませるか・楽しんでもらえるか”と言うのを考えて配慮して、自分のパフォーマンスを引き出して・・という事を、同時にやりながら、舞台で演じて歌っている感じがしてね。

 

配慮と優しさが伝わってくるんですわ。多分、稽古からいつも考えているから、それが身についたんだろうな、無意識でも出ているんだろうな、とか職業人の鏡のように尊敬しているわけですよ。

 

そして、観劇手もそれを無意識で感じているから、年をとっている人ほど、わかるものがあるんじゃないかなーってね。

インタヴューの人柄や言葉の端はしにも出てるからみんな知ってる速報だけどさ。

 

プロの演技や本物に触れたり見ると癒されるのは、美術品も芸術も実はスポーツもみんな同じなんだよ。

感情レベルで癒されていくからね。下手するとちょっとの病気のキッカケくらいなら治る。

 

まぁ、怪しい話になってくるのでここではおいとくけど。

 

でね、それはおいといて、もうiTunesに取り込んじゃったからさ、まぁいいんだけど、このテーマ曲のCDの自主製作張りなチープさはなんとかならんのかね・・・TCAさんや・・

 

もうちょっとカスタマイズCDでも、デザインとパケなんとかしようよ、せっかくなんだし・・っていうか、わざわざテーマ曲って切り出しておいてるんだし。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-0-41-18

キラキラで、みっちゃんが往年のビックリマンのヘッドを彷彿させるキラキラ具合なんですよ。

 

多分、35、6歳くらいから下の男以外にはわからんネタだと思うんだけどさ。

 

ヘッドロココとか魔性ネロとか、ゴーストアリババとかあの辺りのキラキラさな気がするの。

 

ホログラムなの。懐かしいの。昭和なの。

あ、でもそれならみっちゃん合ってるからいっか。

 

いやぁね、買うときもCDサンプルとか ”このままレジにお持ちください” だから、持ってくわけですよ。

 

レジのお姉さん「在庫切らしてます」「しばらくお待ち下さい」

はい

レジのお姉さん、レジのトイ面のカスタマイズCD売り場に取りに行く

人の波にもまれおねえさん遭難

たくさんの人が並ぶ中、並んでいる人たちの視線・・3分くらいが永遠の時間に思える

おねえさん、なんとか人の波を掻き分けて戻って来る

「こちらですね!」

 

で目の前につきだされたCDはこのまま。

 

あ。

 

パッケージもないんだ、本当にこのままなんだ。

 

それが一番の衝撃だったんだけどね。
そうか、そういうものだったのか。初めてだったのでわからんかった。

 

カスタマイズCDのまんまだったのか。

 

うん、でもCDは、せめて歌、みっちゃんソロだけでもよろしかったのよ(失礼

嘘。コーラスも素敵。べにこも素敵。

 

それにしても、桜華に舞えは歌詞もメロディーも好きだなー。

 

「これが侍、漢の生き様見せてやる」

 

ってみっちゃんが言うのに惚れるわ。

 

葉隠の精神そのままに、国の礎になる事を選んだ無骨で不器用な惚け桜がカッコイイと思うのです。

 

さー、またリピートしながら戻るよー