この記事は約 6 分で読めます

金色の砂漠 新人公演 感想 そのまま本公できんじゃね?が数名

金色の砂漠新人公演の感想をまとめて投下します。
今回は短く。双頭の鷲で1日分の感情を使い果たした感があるものですいません orz

 

 

 

 

うん、今回の新人公演は地雷はなかった。
ある意味楽しみにしてたんだけど、なかった。

 

ケイレブハント新人公演 感想

ケイレブハント新人公演 感想

新人公演・・まで行ってしまうと、底なし沼だから嫌なんだよね。だいたい普通に正攻法でチケット取れないもの。下々の民の管理人とかは、バーターで出入り・ガードとか、あ

投稿 2016/10/25

 

そして、ふと上の記事見て思った。

 

いつのまにか文章読み難い上に、ひと記事の文量がめっちゃ多くなってる・・。

まぁいいか。

 

金色の砂漠 新人公演 キャストについて一言

 

綺城ひか理

 

金色の砂漠 新人公演
※クリックでやや拡大

 

あかさんは、これはもう善戦したといっていい。

なにせアテガキだからね、他人のアテガキを属性ないのにこじらせを演じるのは大変。

 

あかさんが自分でも課題として書いている通りだけど、物語世界に、自分では感じた事がない事を想定して役になりきって、観客を引き込む。

 

これは観客の共感を呼び起こす共感力と言われるものであったり、もっと言えば臨場感を感じさせることであったり、一種のSF商法の会場催眠に似た場を作りだすことなんだけど、ちゃんと遠くを見ていていいなと思った。

 

無難にこなせたところはあかさんの実力なんだろうな。

 

入りで見ると、意外と背が高く見えるんだよね、あかさん。

 

なかなか背格好は主演としては映えていたと思うし、歌も後半になるにつれ高音が厳しくなってそうだったけど、乗り切った感。全然ありだと思います。

 

本公はどんどん良くなっているから、そういう点でいったらもちろん物足りなさはあるけど、相手はみりおです。こじらせ系最強だもの、しかたない。

 

 

城妃美伶

 

金色の砂漠 新人公演
※クリックでやや拡大

 

しろきみちゃんも、意外と背が大きいんだよね。

綺麗系娘だから美人な娘役としては重宝されるタイプ。

 

でも、なんだろう、この物足りなさ。

 

改めてしろきみちゃんが演じた事で、花乃ちゃんの役柄でこの役は補正して見ている自分に気づいて違和感を感じてしまった。

 

うえくみせんせは花乃ちゃんに対しては明確にはそうだと言ってない気がするが、”トップ2人に対する”だから一応そうなのか。

 

ってことで、これ花乃ちゃんも一応アテガキって事で仮でおいておくとして。

 

花乃ちゃんの感情の高ぶりで出る甲高い鼻の詰まった声。

あれが、デフォになってしまっていて、”純粋が故の傲慢さ”、”狂おしい程の愛・苦しさに挟まれた愛” というのが全く消えていた。

 

だから、これ、見ている感覚として別のタルハーミネなんだよね。

 

なんだろう、言葉を悪く言えば、特徴のないタルハーミネを見ているようでちょっと寂しかった。

 

最後の『お前を愛しているわー!!!!』も全く心に来なくてね・・・

 

歌自体に言うほどのネックなんてもんもなく、あかさんとのハモリは綺麗だし聞いてていいと思う、でもなんかもう一声!って感じなんだよなぁ。。。

 

花乃ちゃんの評価が相対的に上がってしまった闇。

 

朝月希和

 

96ひらめちゃん、本公にそのままいけそうなビルマーヤの仕上がりです。

 

もともとカゲソロに入っている部分もあるし、歌には定評。

まぁ音くりちゃんの前には霞むんだけどさ・・・

 

ひらめちゃんのビルマーヤは良かった。

 

えっと、べーちゃんは好きなのでアレなんだけど、3期若い分フレッシュ感があるよね。

でも、よく考えるとそれでもしろきみちゃんの1期上なのか・・

 

なんだ、またおねぇさんビルマーヤだったのか。

でも、そのくらい違和感なく仕上がっていて、新公をいい形で卒業できそうよね!

 

飛龍つかさ

 

つかさくん、ちなっちゃんに何かあったとしても(不吉!)本公で代理で出てください。

そのくらいの仕上がりその2です。

 

いやぁ、つかさくんは本当に楽しそうに、入りは付きの人たちとおしゃべりしながらくるし愛想もいいので、カメコしてるこちらも対応の良さを見てて応援したくなります。

 

本公でのジャハンギールの回想も上手だしね。

 

路線外れ気味とは言われているものの、その芝居力は別格でも絶対に活きる!

つかさくんのジャハンギールはそのままいけるですぜ!ほんとカッコイイ!

 

というか98なんだから、まだチャンスあるし!

 

優波慧

 

96なみけー、華はないけど、お芝居力はあります。

ダンスもキレます。

 

じゅんこさんピピだからなぁ、これ本公見て、ハードルがめっちゃ高いと思ってたんだけど、見事にこなしてくれた感。

 

声はもちろん若いけれど、間の取り方含めて、落ち着いた感じや重厚感のある感じも出せるんだ、と言う事がわかって上手だと思ったよ。

 

いいお手本がいるから真似がきっと上手なんだろうね。

観察眼のある事はいい事だ。そしてそれも実力。

 

そう思うと、これからの役で幅が広いと思うんだわ。

本当に脇で活きるよ。本公で賊の男も似合ってるよ。

 

音くりす

 

おとくりちゃん、いや、既に本公の主戦力ですしね。まるいし。

タルハーミネの幼少期も上手なのはなんか当たり前と認識してしまう。まるいし。

 

やっぱり、お芝居として慣れもあるのか上手だし、彼女が何かをすると目を引く何かを持っていると感じる。

 

敢えて言及するべき事もなくお上手です。まるい。

 

 

亜蓮冬馬

 

冬馬くんはハーフっぽい顔立ちで、アラブっぽさがよく似合うと言う、外見チートが今回はベースになっております。

 

歌も無難。お芝居も無難。だけど無難。

 

キキのような無属性感やスケール感まではやっぱりいかないね。もちろん比べるものではないけれど。

 

ビルマーヤとの歌のハモリも綺麗だったし、経験をここで積んだ分を次で上積を見せて欲しいかな。

 

 

帆純まひろ

 

個人的にはせのくんなんだけど、ほってぃはやっぱりカレー系のヴィジュアルでやっぱり、カレーの後任のようにされてしまっているけれどね。

 

いや、今回はほってぃに感謝ですよ。

何って、ほってぃのおかげで

 

カレーが歌っててわからない歌詞の部分がわかった

 

 

と言う事案がありました。

 

まだセリフや歌を見てると硬いと思える部分や、慣れてなさが観客から見て散見される部分があった気がするけれども、これから楽しみだね!

 

 

咲乃深音

 

本公演でも雪華抄のカゲデュエットをしているけれど、第二の音くりちゃんよろしく、歌姫として期待の子ですねぇ。

 

いやぁ、本当に今回のカゲソロも音くりちゃんばりにふわーって声が聞こえて花組は歌える下級生そろってますね。いいなぁ。

 

花組は全体的に歌も整っているし、群舞もきれいだと思う。

 

 

金色の砂漠 新人公演 感想まとめ

 

金色の砂漠 新人公演

取り急ぎ新人公演の方の感想も忘れないうちにあげました。

 

なんとなく、”自分たちが今できる事を今のメンバーで”・・という割には、教科書を丁寧になぞるいい子ちゃんタイプが多いなぁ、と最近思っていてね。

 

荒々しい感じ、とかフレッシュさはあってもエネルギーというのはやや感じられないのはちょっとおっさん目線で寂しいかな。

 

なので、ある意味ブレイカー的な子がいる方が楽しいし、応援したくなる。

 

自分の見てる視点でひっかかったところを思い出して書いているので、どうしても抜けちゃうし、やっぱり、

 

『ん、イマイチだな』

 

という部分はあったし、あかん・・それ・・という子もいた・・んだけど、いたとしても、敢えて今日は触れないスタンス。

 

砂の子とかつまづいてたりとかそう言うのは可愛いからいいのよ、うん。

 

それにしても、新人公演は沼だからイヤだとかいいつつも、やっぱりつい見てしまうよ・・orz

 

もう月の新公もとってしまったしね、チケ・・・

 

さておき、こういうところで下級生を見れると、本公でもバイトのような状態で出てきた時に顔が一致するし、見る幅と視点と見たいものが広がって嬉しいんだよね。

 

あ、もうね、個人的な感想としては

 

たその偉大さを再確認した。

 

さて、ぱっと思い出して触れたい子の感想をつけましたが、本日、ご覧になられた方いかがでしたか?

 

※ 配役表投下しておきます(クリックで拡大・・多分)

 

金色の砂漠 新人公演

 

金色の砂漠 新人公演

 

金色の砂漠 新人公演