この記事は約 10 分で読めます

双頭の鷲 感想 理事とみりおんとずんそらを観に

双頭の鷲の感想です。

双頭の鷲、パウホール見に行ってきました。

 

一言で評するなら、

 

よく練られたSad story

 

最後の5分が盛り上がる異様。

 

歌劇というより、今日はお芝居を観に行った気になったけど、大満足しました。

バウ狭いしよく見えるしね。

 

短い時間と限られた1室のスペースで、場所の移動もなく、展開していくストーリーにいつのまにか引き込まれ、そして終わっていた感じ。

 

最初と最後の演出も凄く繋がって良かった。

 

毎回言われるのでアレですが、ネタバレ含みますので、ここから先は観劇予定の方で知りたく無い方は閲覧注意です。

 

もう一度言います、ネタバレ 閲覧注意 です。

 

まぁ、今回はあらすじのネタバレは書いてないので、大丈夫だと思うんですけどね。

あっ、ダメです、ちょこっとラスト書いてるわ。

 

 

あー、やっぱりみりおん抜けたらどうなるんだよー、これ。

より一層不安が募ると同時に見て満足してきました。

 

今の娘1見て他にできる人いないよー、ほんと。

 

理事もこわいよー、麗しいとかじゃないよ、なんだろうこの色気というか魅力。

なんか違う次元だよ。

 

 

双頭の鷲のキャストについて

 

実は周りにはずんちゃんを見に!とかそらやんを見に!という人もいて、管理人も好きなジェンヌさんだけれど・・実はこれ、理事とみりおんのためのお芝居だね・・・

 

逆にお芝居無視なら、ずっとお目当のキャストを見れるという罠。

 

 

理事

 

さすがレジェンド。
まみさん、のるさんと同期だったはず。

 

声の張り、動き、演技、全て新鮮で、特筆すべき主役だね、やっぱり。

この前見た、王家の歌の箙さんと同じような感じで、専科の凄さを思い知った。
男役ではなく、男、と評するのもわかる。

 

あの声の低さで安定させられるのは天性のモノが無いと無理。
管理人と同じくらいのキーで歌うよ。

 

そしてど迫力。

みりおんと釣り合う歌唱力。

 

そして、これは男役ではなく、男と戸惑うから、違和感があるのはわかるな。

理由は、理事が演じている時は、気が男周りだからですわ、これ。

 

きっと、今日出ていた感じのキャストからいえば、愛ちゃんとは正反対の男役の魅力だと思う。

 

となると、やっぱり嫌いな人は嫌いなんだろうな。
愛、紅、咲の男役の魅力は根本的には同系統だと管理人は思うので。

 

管理人は純粋にすご!!!と思った。

 

うまいんじゃ無いんだよ。

特に、巧い!という訳でもない。

 

・・・いや、巧いんだけどさ。

 

うーん、そういうところを褒めるべきよりも、もっと別の情熱というか、怖さだよね。

求道者的な感覚。

 

ただ、役がさ、みりおんより若い男の設定なのよ。。。。

 

唯一それは ”無理があるだろ” とつっこまざるを得なかった。
まぁ、劇中で『若い男を』というセリフで

 

『え、誰?』

 

と一瞬理解をするのに時間が掛かったくらいだけど。

 

何しろ、顔をしかめると法令線が見えちゃうからね、さすがに。
そういう御歳ですから。

 

人間の顔は、右と左半分で違うのはご存知の通り。
稀に両方とも均等、均一の人も10万人に一人くらいいる。
香椎由宇さんとかはそうだとか言われてたね、確か。

 

右がパプリック、左がパーソナルで本音が出る。
だから、その人の感情は左に出る。

 

理事の場合は光の当たり具合と座っていた場所もあると思うんだけど、右が法令線目立つのは、その分、周りに見せる役作りをやってきた証拠なんじゃないかな。

 

役者さんとして、宝塚の男役としてはレジェンドだけど、来年の特出も博多座決まっているけど、その後、もう一段階ガクッときた時に果たして同じパフォーマンスを見れるのだろうか、という失礼な不安は混在している。

 

 

みりおん

 

理事より、ほぼ出ずっぱり。

むしろストーリーにおいては主人公だしね。

 

理事と組まされて、凄いプレッシャーとお芝居だったと思うんだけど、シシィでの役作りを引き継いでそのまま活かしているよね。

 

個人的にはアイーダみたいな役の方が好きだけど、やっぱりみりおんシシィのような、こんな感じの王妃の役もいいなぁ、とすっかり揺れている。

 

ニヒリスティックな感じのイベントすら、その中に面白さを見出す。

そんな、芸術的なセンスを併せ持つ理知的な王妃の役。

 

言ってて、”まったりとしてそしてしつこくない” みたいな感じがするけど、与えられた役を汲んで魅力的にこなしている様子がよくわかった。

 

歌ってよし、お芝居してよし、冷たさと愛しさを使い分ける演技は、個人的に、”さすがみりおん” としか言えんですわ。

 

序盤の、”常にベールを被った心を閉ざした王妃” から、”恋する未亡人” に変わった後の心晴れやかな演技と表情は、全くの別人を思わせてくれた。

 

それだけに最後の観客の心情を故意に一転させるとことか、本気で『えっ?えっ?』となった。

 

みりおんの歌は聞いていて本当に安心できるし、なんかなぁ、本当にみりおん抜けたら次の娘1は荷が重いよ、これ。

 

まぁ、そうやって回っていくんだろうけどさ。

うらまど、どちらでも、他の誰でもなかなかこれだけのパフォーマンスは難しいと思う。

 

っていうか絶対難しいはず。

 

あとは、腕がめっちゃ細く見えた。

痩せた?みりおん・・・

 

 

愛ずんそら

 

正直に言えば、役としての出番は、

 

理事・みりおん >> 愛ちゃん そら ずん まいら  ほまちゃん >>>>>超えられない壁>>>>> その他

 

状態なので、なかなか困る。

 

愛ちゃんはスタイルいいよね。

 

背が高く見えるし、足も長く見える。

個人的には、愛ちゃんの顔は一瞬ふとした時にだいもんに見える時がある。

愛ちゃんの声は紅子系の声に聞こえてちょっと実は苦手・・。

 

ただ、今回の伯爵の役も洋服がめっちゃ似合っててカッコ良かった。

 

ずんちゃんは公爵という名の召使い。

歌の場面もあったし、上手になったなぁとほっこり。

 

元フィアンセ設定のまいら嬢との感情のもつれによる、召使い同士の争い的な感じだったけどね。

 

王妃の事が好きな役で、若くて似合ってた。

でも、よく考えるともう年次的にはベテランの域というね。

 

そらやんは、ストーリーテラーという美味しい役。

 

ただ、舞台の端、1列目の左端8番くらいの前で、椅子を出して座っているのが、劇中の8割という、それはそれで、結構大変すよね・・という役。

2幕の始まりに、アドリブ効かせて降りてくるあたりは、そらやんらしさを発揮してたな。

 

”マドモワゼル、またお会いできて嬉しいです”

”一緒にモンマルトルの丘に登って・・”

”もう盗まれてますね、私の心をですよ”

 

みたいに、すらすら出てくるあたりは、まさに”らしい”

 

いいなー、通路側の人。

 

ほまちゃんは、賢い感じで立ち回りのできる役だったな。

黒人の召使いの子の役だったけど、存在感があってよかった。

 

まいらさんも貫禄の召使い。

 

王妃の寵愛を一身に受けたいけど、受けられない、八つ当たりのような歪んだ感じがよく出ていた。まぁ、敵と通じているのも盲目ゆえに役として設定は必要でしたな。

 

こういう人をリアルで敵に回すと厄介だよな・・という感じを如実に感じさせてくれたね。

 

えっ?後は完全モブ状態になっちゃっているんだよ、ほんと。

 

双頭の鷲

 

 

双頭の鷲のストーリーについて

 

まず、お話自体が一室限定のストーリー。

 

ストーリーテラーが語っているようにするために、白の一室の壁は半透明のすりガラス風になっていて、その他大勢のパパラッチが、その壁の周りで椅子に座って待機。

 

中を覗いているような感じにしてある。

新鮮だよね。

 

だから、他のキャストも、壁に沿って向こう側でほぼ待機で座っているのが見える。

そらやんもずっと椅子で映画監督みたいに座っている。

 

そんな中で、ストーリーが繰り広げられるという舞台設定。

 

なかなかないじゃん、こんな形。

 

元々少ない人数、一室で演じていた演目、というのはパンフで見て、”あ、なるほどね”と知った。

 

宝塚風にアレンジするために、その他大勢にどのような役割を持たせるのか、それをどう活かすのか、そりゃこうなるわな、と思ったのが最初。

 

配役見て謎でしょ?パパラッチだらけで。

 

また、最初に王妃と理事が階段で、手をつないで死んでいるシーンがバーンとそのまま現場検証のように出て、愛ちゃんがその死を告げるシーンから始まり、最後もそのシーンになるという演出。

 

そして、それがどのようにして起こったのか?

 

その経緯を紐解いていく、という程で、ストーリーテラーのそらやんの語り出しから物語が始まる。

 

この時点で心鷲掴みですわ、導入ばっちり。

 

実は、お話自体は括っちゃうと、どうしようもない短さなのよ。

しかも、お城の一室で起こった場所限定のお話で、最初から最後まで終わるというね。

 

 

ストーリーの展開の疑問点はそれでも一つ

 

それだけに、心がどう変わったか?

なぜ、それが起こったか?

 

キャストの演技力に負荷がかかるわけでね。

 

一つ言えば、みりおんの王妃がスタニスラスに恋に落ちた比喩。

 

それに、スタニスラスが自分が警察などに利用されていた事を知り、そこから、いかに王妃という一人の女性を愛するように心情が変容したのか?

 

その展開が急すぎて、理由があまりわからなかった。

 

王妃が前国王に似てたスタニスラスを好きなのはわかるわ、そりゃ。

嵐の日、そういうタイミングで飛び込んできたのは運命と思うのもわかる。

 

でも、スタニスラスが王妃を急に好きになる理由は?

 

劇中に描かれている通り、

 

憧れがあったのに隔たりがあったから憎むしかなかったから?

周りの噂や話を真に受けて誤解していたから?

考え方が無政府主義・新政府主義者として合っていたから?

 

急にそこで誤解して暗殺までしようとしていた王妃の事を、警察の愛ちゃんフェーンに利用されていた事実を知っただけで変わるものか?

 

それを見た瞬間にみりおんが、内情をわかってくれる協力者ができて、水を得た魚のように急に明るくなり、恋におちるものか?

 

そのポイントだけ解せなかった。

 

嫁に聞いてみる。

 

『んなこと、誰も不思議に思わないわ』

 

はい、どうやら管理人は女心がわからないのと、恋愛物が苦手なだけだったようです。

 

 

最後5分のラストで盛り上がりすぎてハッとして泣ける(個人的に)

 

最後、王妃がさ、遅効性の毒を飲んだスタニスラスに、

 

『あなたには王妃がついているのですよ!?』

 

と、王妃が嘆いたシーン。

 

そんなのわかってる、でも、自分が言えば王妃はそれに絆されて、王妃にとっての足かせになってしまう。

 

王妃の生きる心を曇らせたり、輝かしい未来の足かせになりたくない、と自死を選び毒を飲んだスタニラスを見た瞬間の王妃の嘆き。

 

瞬時に状況を理解して、結末を描き、ずんちゃんに『何が起こっても・・』と告げる賢さ。

 

そして、その後のそこから一転する王妃の突き放す演技ですよ。

管理人マジでちょっと信じかけた(単細胞

 

『それが、私を暗殺しようとした、あなたへの復讐なのです!』

 

えっえっ、マジかよみりおん・・そうだったの??

 

合図のラッパが鳴り響き、閲兵の為にパルコニーに出ようとゆっくり部屋の階段を登る王妃。

 

既に毒が周り瀕死となったスタニラスがナイフを持って、最後の力で躙り寄り、王妃が階段を登りきる直前、追いついてナイフを背中に突き刺す。

 

それでも、王妃は振り返らず、そのままバルコニーに出て一度手を振り、その後崩れ落ちる。

 

『・・こうでもしなかったら・・、刺して下さらなかったでしょう・・?』

 

もうね、ここで涙腺崩壊。

 

実際、泣いている人結構いたわ。

 

もうこの瞬間、みりおんの虜。

その心情の移り変わりに、綺麗にパカみたいにハマりました。

 

それと理事スタニラスの、相手を思うがゆえに裏切られた気持ちの行方がなく、死の今際になってまで、どうしても相手を許せなかった怒りと嘆き。

 

やっぱり、愛は変わらなかったんだ。

 

でも、結果的に、その愛する人の輝きを自分で消してしまった哀しさ。

 

ふと自分を振り返ってさ、自分がそうやって裏切られても、”愛する人が笑って生きていればいいなぁ、それでよかったんだ” と許せる度量がその瞬間にあるのか?

 

それとも、やっぱり、激情に絆されるのか。

 

実際んなシチュエーションあるわけないんだけど、色々と考えてしまう。

二人の感情がわかってすごく切なくなるお話だった。

 

王妃もスタニラスも倒れて、二人は階段で手を伸ばして繋いだ時の表情とかね。

 

もうね、最後のこの5分を見るためだけに双頭の鷲を見る価値があると思うよ!

 

 

 

双頭の鷲 感想 理事とみりおんとずんそらを観に まとめ

 

またね、管理人の後ろのマダムが、最初から最後までずっとICレコーダーで録ってるんだわ。なんか、そういうの気づいてしまう自分が嫌だ。

 

後、結構静寂のシーンも多いんだけど、そういう時になると、空調が入って動いていると天井から出る音がうるさく感じてね。劇場なんだから、そういうのちゃんとして欲しい。

 

竹中だっけ?ここ作ったの。
空調はダイキンかな??

 

さておき、冷静に考えると、さ。

 

知らない第三者のパパラッチが現場見たらさ。

確かに不思議な光景でさ。

 

王妃暗殺に来た暗殺者が王妃の部屋で毒死している。

王妃の死因は刺殺。

血痕からその場で刺された模様。

死亡推定時刻はほぼ同じで、争った形跡はなし。

でも、二人はなぜか手を繋いでいる。

 

どうしてこうなった♪

どうしてこうなった♪
∧__,∧∧__,∧∧__,∧ ∧__,∧∧__,∧∧__,∧   ♪
( ^ω^) ^ω^) ^ω^) ^ω^) ^ω^) ^ω^)   ♪
(っ    )っ    )っ   )っ   )っ   )っ   )っ♪
( __フ( __フ( _フ( __フ( __フ( __フ
(_/彡 (_/彡 (_/彡 (_/彡  (_/彡 (_/彡   ♪

 

だよね。

 

多分、エリザのルドルフよろしく、情死かな?みたいな。

 

あとさ、最後、王妃が、警察トップの愛ちゃんフェーン伯爵を逮捕しろ!とずんちゃんに命令してたけどね。

 

政治が嫌いなだけで、黒幕というか相手の意図が読めて、ちゃんと権謀術數に長けているわけだしさ。

 

フェーンが誰の命令で動いてて、スタニラスすらフェーンがどうしたいのかもわかっているくらいだからさ。

 

『あなたには、本当に王妃がついているんですよ!』

 

の言葉通り、絶対に先にスタニラスがフェーンに脅された後、王妃に相談してしまえば、更迭するなり煮るなり焼くなり謀殺するなり、色々手があったと思うの。

 

てか、絶対やってた。

絶対、あの王妃賢いからなんとかしちゃうと思うの。

 

報連相っていつの時代もどこでも、大事ですよね?