この記事は約 5 分で読めます

金色の砂漠 雪華抄の感想 今日も美しかった

金色の砂漠 雪華抄また行って参りました。

そろそろいい席・・になるはずだったんだけど、まだ今日はB席でした 汗

 

今日は短めの感想で。

 

全体見るには、後ろの席もいいのよ(自己援護

当日Bまで後ろ行っちゃうと、なんとなくマイクとかの聞こえの問題もあるんだけど。

 

今日はたまたまセンターでバランスよく見えましたわ。

 

始まってから今日で日程的にはムラ折り返し地点ぐらいだもんね、やはり、やればやる毎に、みなさんお上手になっていくので、見甲斐があって嬉しいですな。

 

 

金色の砂漠の感想

 

やっぱり、冒頭のイントロの2つの骸はちなっちゃんとゆきちゃんなのは、知っているけど、あれはジャハンギールとアムダリヤだよね??

 

今日よくよく見たんだけど、やっぱり、骸の頭の布が王妃の方はアムダリヤのまんまで骸だから、きっとあの後打ち捨てられたのだろうか。

 

前回は見た時に、イスファンディヤールとタルハーミネの比喩なのかな、と思ったけど、そうでもないのかな。

 

それともやっぱりただの、砂漠の厳しさを暗喩するための表現で、知らない誰かの骸なのだろうか。

何かここについて、スカステとかでうえくみ先生語ってたりしました?

 

わからん。

凄くなんか小さいところで引っかかっているけど、誰かご存知なら教えていただきたいところ。

 

どんどんとみりおのこじらせっぷりも加速しながら板に付いてきたし、花乃ちゃんの頑張っている感じもより頑張りながら自然になってきた。

 

キキの一層の落ち着き具合も、ビルマーヤのしっとり具合もいい感じ。

 

やっぱり見ていると、あるとことないとことアドリブは少ないけども、日によって言い回しやセリフが変わっている部分はあるね。

 

今日は、最後の方でテオドロスが一瞥もせず『フンッ』って去る時に、みりおが

 

『・・・殺す価値もない男だった・・』

 

というセリフがなかったよね。

そのまんまで良かったのに、きっと本人が、次のセリフを言いかけたにも関わらず、

 

”あ、やべ抜かしちゃった”

 

って、みりお気づいたんだろうね。

 

見事に噛んで一瞬止まった。

 

気になったのはそのくらいで、全体的に今日はセンターということもあって、お歌の響きが良く、みんな上手いなぁ(※ 但しいつものメンバー除く)・・(●´ω`●)と悦に浸っておりました。

 

特に、こうなると、カゲソロの音くりちゃんがさらに声に透明感が100%増しの大パーゲン中。いいなぁ、音くりちゃん。まるいけど。

 

お芝居の流れはスムーズで、本当にうえくみ先生はお話し作るのが上手だな、と思いながら今日はあまり何も考えずに見てたなぁ。

 

 

 

雪華抄の感想

 

うん、まだ銀の扇は遠目から見ても意外とバラバラに見える時があるけど、何度見ても美しいショーだなぁ、と思いますわね!

 

アゲアゲのショーが好きだったけど、今回も見て、やっぱり、和物のこういったショーもかなり自分は好きだということがわかった。

 

自分でいいなと思えるものが増えるのはなんか嬉しいよね。

 

キキは腹式でちゃんと深みのある声で歌えているから安定しているし、ちなっちゃんも安定。

 

みりお、かのちゃんはマイク補正が入るのでアレだけど、みりおは今日はお上手だと思いました、今日は。たまに波があるんだけどね。

 

後はベテラン勢はくみさんは相変わらずお上手だし、べーちゃんも元々お上手。

 

歌い慣れも入って来ていてみんな上手になっている中で、唯一のアウトスタンディングと思えたのは、今日は音くりちゃんでした。

 

雪椿のカゲソロとか、いつもお上手なんだけど、今日は特に余韻が残る歌い方と声の張りと伸びでさらにお上手になってる・・・と驚き。

 

いいなぁ、あれだけ歌上手いと、歌っていて表現したいものや歌いたいものが自由に歌えるんだろうなぁ、と羨ましく思いますわ。

 

いや、管理人男だから、別に女の声になりたいとかそういうことじゃなくてね。

普通に歌上手い人って憧れと尊敬の眼差し。

 

そういえば、今日は、安珍清姫のぶっかえしの際に、覆う布を客席側まで走ってかぶせる時に、布の端がかのちゃんのかつらに当たってて、かのちゃんが『あう』ってなってたのがよく見えた。

 

大丈夫そうでよかったよかった。

 

もうね、やっぱり、あきらが波の男で『フォウッ!』って出て来るだけで、本当に面白くなっちゃって、一人でにやついちゃって困る。

 

エンヤートットどころじゃないよ、ほんと。

 

何歌っているか相変わらずわからないし、その後の花乃ちゃんが楽しそうに歌った後、また出て来るカレーが相変わらずまったく何歌っているかわからないんだ。

 

でも、二人とも銀橋渡りはカッコイイからもういいんだ。

なんか生暖かく愛でるのがこのシーンなんだと思うようになってから、大好き。

 

で、最後の桜華夢幻でやっぱりカゲデュエットの2人の歌と盛り上がる歌を聞きつつ、一人で感動してますわ。

 

その後みりおと花乃ちゃんがせりあがって出て来るけど、その前で一旦一人で盛り上がっちゃっているんだよねぇ。

 

チョンパから始まって本当にシームレスに場面が展開していくけれど、そのどの場面も綺麗だし好き。

 

まぁ、やっぱり繰り返し言っている通り、大鷹と鷲の場面は何度見てもほんとカッコいい。特に、あの時のカレーのカッコよさは異常。

 

『アーアーアー』で拍子木が”カッ”と鳴って見得を切るのなんて凄いいい演出だよ、あれ。

 

まぁほんとAceCombatのボス戦だけど。

 

 

金色の砂漠 雪華抄の感想 まとめ

 

今日も美しかったですぞ!

 

13時公演だったので、行きにSARAH COUNTでお昼食べてから行きましたわ。

 

普通のSARAHのイングリッシュブレックファーストのような英国式も好きだけど、こういうPUB系のプレートも好き。これはローストビーフプレート。

 

SARAH COUNT

 

実際にイギリス行って溶け込んでた人はわかると思うけど、土日の礼拝終わった後のパブ飯ってめっちゃ管理人好きだったよ。

 

あと、フィッシュアンドチップス大好きだった。コッドもハドックもね。

 

特にトルコ人の店のフィッシュアンドチップスはどこも大体ハズレが少なかったね・・・モルトビネガーを家に大量に買って帰って、めっちゃ奥様に怒られて全部捨てられた思い出。

 

さておき、もう歌も全てコンプリートしたし(カレーのとこ以外)大体の人の配置とキャストも頭に入ったから、次は前で見るぞー!わーい!

 

そうそう阪急沿線の駅に置いてあるTOKKは、みりおファンならチェックだね。

 

明日海りお

 

明日海りお

 

毎月必ず大劇場で公演中のトップのインタビューが必ず載っているからね。