この記事は約 8 分で読めます

金色の砂漠と雪華抄 感想 今日はなんと避難訓練付き・・・

金色の砂漠と雪華抄を見てまいりました。

 

今日はあらかじめとってあったおくさまの席をおゆずり頂きまして。おくさま風邪気味のため代理でございます。

 

・・・にしてもお知らせの方がインパクトあったからね。

ちぎみゆ卒業発表、明日退団会見

ちぎみゆ卒業発表、明日退団会見

ちぎみゆの退団が公式サイトで発表されましたな。そうか、みっちゃんをまってたのか・・・この日もある可能性はあると思ったけど、可能性は低いと踏んでたんだよね。まさか

投稿 2016/11/21

頭の中では覚悟はできていたとはいえ、ちょっともう感想が一瞬にして薄れているという事象が起きておりますが。

 

まぁ、行けるのはありがたく(=人=)ナムナム

今日も立ち見が出ていましたわ。花組、大盛況です。

 

しかも劇場入ったら、お知らせの紙を渡されて、

 

避難訓練にご協力ください

 

絶対にこういうのは参加しないタチなんですが、レアイベントでもあるので、まぁなんでも楽しんでいく方向で(笑

 

よっしゃー何回でもどんどん避難するよー!

 

さておき本日の感想を。

 

守破離の”破”の最中という感じ

 

今日の感想としたら、だんだんと力が抜けて来て、無理な発声は無くなって来た、演技が板につき始めて来たかな、というように変わって来ていると感じたよ。

 

相変わらず、今日も美しかったですわね(*´ω`*)

 

稽古してたとしても、初日とかから数日はさ、本番に入って、力の入り・抜きの感覚がないから全力でとりあえずいくじゃない?普通は。

 

だから、歌も演技もひとまず全力なもんだけど、そういった全力さは薄れて来た感じがする。その代わり立ち回りやお芝居・仕草などは洗練されつつある。

 

ただ、これ厄介で、歌や演技が今ひとつ目立たない人は、声がちっちゃくなるだけ、所作がちっちゃくなるだけ・・になってしまうので、そういう人は全力の方が断然いいんだな。そういうデメリットもあるわけで。

 

特に今日はマイクも小さく感じたし、全体的に歌の巧拙なんかはさらに特に目立ってしまった印象がある。

 

雪華抄からして、変わらずに安定していたのはちなっちゃんと、キキ。

 

娘役のベーちゃんゆきちゃんとかはじめ娘役ベテラン勢には、調子の波ってものを、あんまり感じた事はないんだけど、男役は結構波が激しいなぁ・・といつも思う。

 

まぁ、元々宝塚って男役メインなので、どうしても出番の多い分、致し方ない部分もあるとは思うんだけどね。というか、男役としての振る舞いが特殊なのだろうかね、この辺り体力や腹式の発声で差が出て来る部分なのかなー、と思ったり。

 

まぁ、素人が推察したってしょうがないから、楽しむ部分ではあるけれどね。

 

ただ、相変わらず あきらとカレーの波の男は、本当に”松島””佐渡”しか単語聞き取れないのよ・・汗 今日こそは何言っているのか、ちゃんと歌詞集中して聞こうと思ったんだけどね・・・

 

あ、今日は”ここは串本”の部分で、2階まで手拍子の波が届いていて、意外といい雰囲気でしたわ。

 

踊りに注目してみると、ミエコ先生の振る舞いはやっぱり綺麗だなと思ったな。

無駄のない綺麗な動作を最短距離と最短行動ですっと出す。そんな印象。

 

体力がある若いジェンヌさんの動きと比べてみて、予備動作の無さと動作が終わった後の余韻の1秒未満の違いで印象が全然違うのね、ほんと。

 

すみれコードだからアレだけど、ググると褒章を受賞した時の年齢は載っているので、そこから今の御歳を考えますと、そりゃビビりますわ。

 

後は、なんだか歌も和物って歌の初めの入り、息の抜け、終わりの余韻の残し方って、歌を綺麗に見せるために凄く大事なんだなって勝手に思った。

小さい頃、習字と硬筆を習わされて結構上の段までいったクチなんだけど、似ている感じがして、なんだか色々と思い出すんだわね。

 

そうやって歌を考えると、主に影ソロはおとくりちゃん無双な公演になっているけど、ガンパレ。でも、そういう事を年齢的に求めるのも、最早上手の向こう側な気がしている 汗

 

でも、みんな、あきらかに初日から和物の動きが上手になっている感じはあるからね。

 

ただ、歌は少し力の抜けを感じるけど。

特にみりお。歌も出番も多いからね、目立っちゃうんだよね、良くても悪くてもどうしても。

 

今日は、たまに辛そう、疲れてるのかな?という感じがした。

 

でも、舞は綺麗だし洗練されて来ているので、やっぱり教科書通りから徐々に自分のものになってきている最中なんだろうなぁ、という解釈。

 

声がお腹から聞こえてる時と、うわべで気持ちよく歌っちゃっているのが、随分と違いがわかる感じがしてね。十六夜の月の歌なんかは、響いててみりお美しかったなぁ。

 

あとね、やっぱりぶっ返しの時とか含めて、ちょっと違和感があるのは花乃ちゃんの表情かな。あそここそ顔芸な部分な気がするんだけど、じーっと無表情。

 

きっと、そういうシナリオや何かが読み取れてないから違和感を感じるんだろうけど、今日は花乃ちゃんの『安珍さま』の声も落ち着いていて、セリフが自分のものになって自然に見えて来たよ!凄くいいね!

 

桜花夢幻の時は、最前列のキキとカレーちゃんで、舞のタイミングが若干ずれててどちらも綺麗なんだけど、集団だとちょっとどちらを見ていいのかわからんくなった。

 

せめて2番手3番手なのでそこは合わせて欲しかったかな。

 

管理人は、桜花夢幻の場面が盛り上がって最後一番好きなところなもんで。

影デュエットも綺麗だしね。

 

はい、今日のお局感でした。

 

 

金色の砂漠も同じく、お芝居が進化中

 

セリフが少しなくなってたり、セリフの文末表現が変わっていたり。

ほら、ブログにあらすじ書いてたりして覚えるから、結構わかるもんなんですのよねー。

 

ちょっとだけ、そんな部分に気づきつつも、配役が板についてその役になってきたのが自然に見えるようになったので凄くわかる。お芝居での動きは特にね。

 

一番は、歌について、とうとう銀橋渡りでよく出るカレーの歌に、良化の兆しが見え始めて嬉しかった。スロースターターだなぁ、相変わらず。

 

セリフもだよ。

早口で、何行ってるかわからん、アカン!というのが無くなって来たよ!

 

え?全然?だって?

いや、初日と比べれば本当に一聞瞭然レベルよ。

 

だって歌詞がまだ半分くらいは聞こえるようになったから(嬉

 

特に盛り上がる、最後の方のテオドロスが城の守備隊を差し向けてハマる部分とかね。

やっぱり、華があって目立つので嬉しいですわ。このまま上昇トレンド維持を期待。

 

あと、4人の初日は色々と危なかった銀鏡わたりとか、みんな歌が上手になってる。

まぁ、ちなっちゃんとかは元々安定で綺麗だけど。

 

あ。ちなっちゃんで思い出した。

 

そうそう、最近思ったんだけど、男役の色気って何に依存するんだと思ってたんだけど、管理人の感性としては

 

悪い顔ができるかどうか

 

にかかっていると個人では確信している。

結構何度もこのブログでは言っているけど。

 

だいもんしかり、ちなっちゃんしかり。

悪い事考えてニヤリとした顔が本当に悪そうに見えないとダメ、という判断。

 

色気を何かと勘違いしているとも思うんだけど、やっぱりそうなんだよなぁ・・。

 

ここ、逆に女性の意見を凄く聞きたい部分。

 

みりおとかは綺麗だけど、管理人からみると、色気のあるなしでは”ない”んだよね。

なので、色気のある人や役がトップである必要はないんだけど、お芝居では重要役になるよね、どうしても。

 

さておき、お芝居についてはだんだんと落ち着いて来たので、あまり目立って起伏があるような印象がなくなってきたんだよね。

 

その分、本当に自分が役になっている表現にそれぞれがなって来たと思う。

 

はっちゃけ芝居もわかりやすくていいけど、しっとりとした芝居もストーリーがわかって世界に入れるのでいいよね。特に、これまでと違って今日は後者の印象。

 

うえくみせんせの表現していた、”どこかの時代の国の美しい話(悲劇)”という、泣くためでも共感を得るためのお芝居でもないところ。

ストーリーがよくわかる美しいお話、そんな、静かでも美しい芝居に移行しつつある気がしている。

 

あ、もちろん管理人の個人的な感想と印象だけどね。

 

花乃ちゃんの最後の砂漠の『あなたを愛しているわー』も激昂じゃなく、今日は自然な心の叫びに聞こえたし、みりおのくたびれ具合も自然とやられている状態に見えるように感じる。

 

でも、みりおは、やっぱりちょっとトーンダウン、かつ、歌もきつそうな傾向に見えたけどね・・それでも芝居とダンスは逆にキレッキレに感じた。

 

あきらとかさ、1年半かけて歌がよくなってきたのに1ヶ月半で元に戻った・・とか、みりおが腹式呼吸が全然できていない!とか某掲示板で叩かれてたけどねー。

 

人間なんだし、プロでもやつれてくればしんどいだろうし、体が細くなりゃ、歌なんて体が楽器なんだからさ、そりゃ音も変わるだろうよ。筋肉使って発声するんだしね・・・・。

 

キキは安定、恵体だし体力ありそうな印象で、相変わらず綺麗だったな。

歌もお芝居も最後の群舞とかも。

 

見るポイントをずらしても、やっぱり視線は今はこっち見てるけど、元のこっちは大丈夫かな?と視点が元に戻ったりしてね。

 

まだまだ、見るところはたくさんあるので、もっともっと前列で見たいなー!と思っている今日この頃。

 

人間成長するんだから、やりながらどんどんと表現なども進化していく様や、キャストにとってのその日のベストを舞台として見せてもらっているので、見ているこちらの方も毎日飽きないもんだと思うよ。

 

だから、観劇を ”1度でいいや” とは管理人はあまり思えないタイプなんだよね。

 

ブログもこんな感想書き始める前は、毎回『今日は書く事ないなー』から始まって、書き始めると、結果的にこれだけ駄弁っている訳でして・・汗

 

 

避難訓練はとりあえず階段を降りるだけ

 

結局、避難訓練ですが、訓練地震発生ののち、状況確認で待たされた後は誘導に従って、一階は劇場の通路横のいつもは空いてない廊下のドアから外に避難する、という程でした。

避難訓練

 

多分幾つか外に出るルートがあったと思うんだけど、管理人は、一階の左側の席で廊下に出て階段の踊り場のトイレがある廊下側通路に出たら、横の非常ドアが開いてて、コンクリート打ち付けの階段を降りて外へ。

 

 

避難訓練

 

出たら楽屋口の横の非常ドアでした。おお、こんなところに。

そのあとは外でて、キャトルレーヴの横から劇場内へ戻り。

 

避難訓練

 

 

管理人はフルールでラーメンそっこー食べて戻りましたとさ。

貴重な体験でした(笑

 

今日は幕開け前に地元の宝塚消防署の所長さんが舞台に立って挨拶があったんだけど、

 

『通常はスターしか立てない、しかも、男子禁制のこの場所に立てて・・・』

 

みたいな感じのスピーチで喝采を浴びてた。

 

しかも

 

『避難訓練は簡単、誘導指示に従うだけ!この大階段に似た階段を降りるだけです!』

 

みたいにうまい事言って協力を要請してたので、ちょっと行ってみようという気になった。上に立つ人はスピーチ巧いって重要よね。

 

まぁ、はらはらさせるスピーチが売りのトップもいますが(爆