この記事は約 9 分で読めます

金色の砂漠 感想 雪華抄 1階A席だけどね

金色の砂漠、雪華抄に行って参りましたー、はい。

今日は、撮影のカメラ入ってたし、立ち見も出てましたわね、マチネ11時会。

 

取ってある席は徐々に前の方で観れるようにあるので、嬉しいなっと。

午前会はいつも混んでるよね

 

金色の砂漠・雪華抄

えっと、たまたま席を取っていたのが11時回の方で、今日は当日券じゃなかったので、並ぶ苦労はなし。

 

のんびりといったものの、10時20分くらいについて、チケット引き替えにカウンターへ。

 

横のチケットカウンターの当日券席の配置図を見たら、11時回はすでに立ち見になっていたけれども、ソワレ15時回のほうはまだ席あるじゃないですか。

 

お、しかも、当日Bはおろか、まだSもAも良さげなところもあるな・・・こういう時にふらっと来るといいよねー。

 

でも、いわゆる、前日の状況を見ると、”多数ご用意” 状態だったからね、劇場にとってはあまり良くないだろうけどね・・・

チケットカウンターは人まばら。まぁもう11時回は開場間近だったしね。

 

今日は撮影のためにカメラも入っていて、1階後方席は真ん中もふさがり、立ち見もなかなか出る盛況ぶりだった。

 

いや、実は運悪く、1階席最後方だった為、後ろの立ち見の人たちが若干気になってね(汗 管理人、ほら、意外と無駄に背が比較的高いから座高も高いものでね。寄っ掛かられてのり出されると気配を感じるという・・

 

あと、管理人の両隣の人たちも、若干に気になって、ベストな観劇環境では今日はなかったなぁー。

 

別に何いうわけでもないんだけど、片方の隣は珍しく同じく男性だったんだけれども、めっちゃタバコ臭くて酔うくらいタバコの匂いがキツかった。

 

管理人は5年前にタバコやめてから一本も吸ってないので、タバコの匂いがそこから急にダメになったクチで、非喫煙者よりタバコの匂いが気になるようになってしまった・・という状態。どうでもいいけど。

 

で、もう片方の隣。

 

マダムなんだけどこちらが厄介でね。

 

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、スマホのボイスメモで雪華抄の間、全部録音してるのよ。カバンの中に入れたままで、カバンを開けてさ。

 

で、なんでそんな事わかるのかと言うと、せめてわからないように裏側にしといてくれればいいのに、スマホの液晶画面が表なもんだからさ。

 

輝度バリバリ最大になってるし、眩しくて光が目に入るというね・・・。

 

堅くお断り行為&迷惑行為なので、さすがにずーっとそのままだったら、言おうかと思ったけど、まぁお芝居の金色の砂漠になったら、わからなくなったのでほっとした。

 

いや、本当はチクらなきゃいけないんだろうけどさ。

そんなんで、いい大人をもやもやさせるのダメ!絶対!

 

 

見るたびに良くなる雪華抄

 

さてさて、雪華抄は本当に見るごとに綺麗になっていっているな、と思ったなぁ。

和物の動きにさらに磨きがかかりつつあると思うし、歌い慣れて来ていると思う。

 

本当に雪華抄は終わるのがあっという間に感じるしね。

時間も絶妙だと思う。飽きさせないし、本当に綺麗。

 

特に1階席からみると、舞台装置の高さと奥行きがわかって非常に美しくていい。

互い違いになっている仕切りとかの位置も1階から見るとすごくいい。

 

後、キャストの顔が白塗りでも1階なら比較的まだ分かるよ!全然分かるよ!

 

当日B席の2階最後方とは比べものにならないくらい雪華抄の良さと綺麗さがわかりますわ。もう大体全体は把握できたしね。

 

やっぱり、そうなると高さの分かる鷹と鷲のシーンはかっこいいね!

あそこのカレーが一番かっこいいわ。他のシーンだと・・ううん・・なんでもない。

 

マイティとあきら引き連れてカレーが踊りながらみりおに迫るシーンとかね。

 

ほんと、あの部分、急に太鼓のアップテンポになってエースコンバットのラスボスの曲みたいに変わって空中戦を繰り広げる感じがとってもカッコいい。みりお一騎当千な感じ。

 

カッと二人に照明が当たる瞬間もわかっていると盛り上がっていいんだよね。

 

七夕もちなっちゃんべーちゃんの銀橋渡りも1階で見ると、綺麗で良かった。

 

よく考えると、七夕メンツにはフレッシュさのかけらも見当たらない事に気づいて一人動揺していたり、天の男はたそが引き連れてくるくる回っている事に気づいて面白くなっちゃったり。

 

後は、まぁ1階になっても変わらないところとかね。

 

波の男の部分とか、”お!あきらが遠山の金さん風に出て来たー!”

 

『松島▽$■○▲#$%>?●□%&ーーズコー♪』

 

ぼく 何歌ってるかわからないけどあきらかっこいいから許すー!

 

”お、カレーも左から出て来たー!”

 

『▽$■○▲#$%>?●佐渡□%&ーーボエー♪』

 

ぼく ああああ全く何歌っているかわからないけど銀橋渡ってかっこいいから許すー!

 

まぁ、毎回、恒例です。変わらない、足さない、引かない。

なんか某ウイスキーの山崎のCMみたいなのが浮かんで来るけどな!

 

その分、ちなつちゃんは相変わらずの安定ぶりで、どんなシーンでも清涼剤となってくれましたわ。頼れる上級生よね。

 

で、その後の波のみんなで銀色のバトン持っての

 

マツケンサンバ状態

 

もうね、何か既視感あると思ったら、これでしたわ。

一致した瞬間に、すごい残念な事を思い出してしまった自分に後悔した。

 

あそこのシーンはSSとSの前方だけは拍手してて、管理人も手拍手したいんだけど、明らかに今日も前方席と温度差のある場面なんだよね・・・。

 

うん、手拍子できませんでした(汗

 

キキは一階からみても素敵な歌とダンスで一階の方が声響いている感じがして、やっぱり上手くなったなぁ(しみじみ と思いましたわ。

 

後は、1階で良かったと思ったのは、安珍清姫のシーンでの波間が来て、清姫の大蛇化シーンの早着替えでの部分すよなー。

 

2階から全体観てると肝心の主役が着物変わっているのすら忘れるけど、あの迫力と凄さは1階で観てないと伝わらないと思った。

 

何がすごいかって、そもそも着物が変わるのに周りが布をかぶせる間際に、もう必死に両脇で絶対にしくじれないとスタンばってるのが良くわかったわ。

 

その後のしぃちゃんのソロも良かったけど、音くりちゃんの影ソロも何度聞いてもいいんだけど、かずまくんとみおんちゃんの影デュエットがやっぱりすごく綺麗なんだよね。

 

それで桜花夢幻だから、グッときて盛り上がる。

 

あの、中央の河の流れが、徐々に上からライトアップされてく演出がいいんだよね。

で、みえこ先生が桜の女神・・女神・・女神?(闇  登場。

 

いやぁ、みんな揃っても、白塗りでも1階なら顔がわかる!これがすごいと思った。

やっぱり近さと角度は偉大!

 

なにこのいつもの管理人の雪華抄推し。。。

 

ますますわかる金色の砂漠

金色の砂漠・雪華抄

 

管理人のザルさは無念に感じるレベルだと自省してるんだけどね・・・

 

やっぱり、ネタバレのストーリーは文末というか表現がうろおぼえな部分があったね。

金色の砂漠 ネタバレ注意のストーリーあらすじ

金色の砂漠 ネタバレ注意のストーリーあらすじ

金色の砂漠はオリジナルものですので、ムラの前公演ケイレブハントと変わらず、ストーリーはどこにも出てていないでしょう。公開されていらっしゃる方いたら、リンク貼って

投稿 2016/11/14

後で細かい修正はしておきますわね。

 

最初のシーンで、キキとベーちゃんが骸を観て言葉を発しているのを見落としてました・・・ナレーションじゃないのね。

 

あれ、ちなっちゃんと、ゆきちゃんが死体役やってるでしょ?

 

役そのまま、ジャハンギールとアムダリヤを共に砂葬で一緒に葬ってあげたんだと思ってたんだよ、前の王族は滅ぼされるけど、アムダリヤは母でもあるし、二人を思ってそうしてあげたという解釈で。

 

でも、パードゥシャーとビルマーヤが言ってるとなると、展開的にあの骸はきっと、イスファンディヤールとタルハーミネなんだろうかね。などと思った。

 

後は、最後タルハーミネか砂漠に出て行って倒れるシーン。

 

あの砂漠のシーンでタルハーミネが出て来る前に、アムダリヤが対角線を横切って去っていくよね?

 

あれは、先に魂が金色の砂漠に向かって行った様を表しているんじゃないのかな、と。

 

語り部のジャーがメタ的に言うように、金色の砂漠の唄の歌詞の意味を取っていくお話でもあるもんね。

 

歌詞は書くといろんなところから怒られそうなのであれだけど・・

あ。どこかにパンフの写真として紛れてあげてるな・・そういえば・・・

 

舞台に比較的近い(当社比)と色々と分かるから、細かい処拾えるとまた面白いお芝居よね。

 

全体は掴んでるから違うところに目を移せてさ、今回は砂の女のひらめちゃんを見落とさないようにしよう!とかね。娘役ダンスの所はじゅりあねぇさんもやっぱり素敵だわー!とか。

 

あ。ひらめちゃん影ソロも上手だよね。

次はもっと前に出てくる役で見たいなー。

 

それにしても、かれーちゃん、歌も金色の砂漠の歌の盛り上がるいいところで出てきて歌詞も全くわからなければ、セリフもわからない・・という残念っぷりに感じてしまったんだよね。

 

テオドロスも今日は早口になると全く何言っているか分からなくて、脳内で補正してました。

 

歌も声量が出てきたのは明らかなので、発声と滑舌を良くしてくれー!!お願いします。

 

これだけ御曹司感あって華があるんだから頼む(>人<;)

まぁ、何様な話ではありますので、ごめんなさい。だけれども。

 

みりおは、今日は最後のかのちゃんとの寝室のシーンで、セリフ言い直したトコがあったくらいで凄くもう板についている感がバリバリ出てきてた。唄もいいしトップとして美しいね。やっぱり。

 

まぁ、ちょうど静寂の中のセリフのシーンだったから目立っちゃったけれど。

なんだろうね、だんだん見ているとお局のようになってくるこの小姑感(汗

 

かのちゃんは管理人的にはこの役は性格的に、やっぱりすごく合っていると思う。繰り返し言ってるけどあってると思う。

 

ただ、若干まだまだお芝居の質的には真価を発揮できてない気がするんだー。

どちらかと言うと、ミーマイの時の方が、かのちゃんの得意役な気はするんだよね・・。

 

本人もそう思ってる気がするし、パンフにも”日常にない役だから・・”みたいな事を言っている通り本人の中でしっくり感がでてないのかなー、まだ。

 

激昂するところが表情まで見るとチープになって、ふと我に返させる部分が近くでみるとまだあった気がしなくもないですわ。

 

それでも頑張っているのがわかって好感は持てるけどね。まだまだここから良くなっていくのわかるし。良くなっていっているしねー。

 

後マイティはかっこいいけど、見れば見るほどじゅりあねぇさんに持ってかれているのがわかるな(汗

 

砂漠に逃げた時の場面で賊が踊っているところは、じゅりあねえさんとマイティはキレッキレでかっこいいわ。後、しぃちゃんとさなぎちゃんと、なみけー。

 

なみけーは本当ああいう泥臭い格好が似合うんだよ。素直にあの賊の役とお芝居は良かったと思ったよ。チッとか、そうだよ、とか周りの雰囲気に合わせている小芝居も上手だったしね。

 

近くでみるとより感情移入ができて、管理人的にはよかったわ。

 

7年経って黒みりおが出て来るシーンで、舞台装置に押し上げられたみりおと、かのちゃんが下で歌うコーラスとか演出も高さが意識できて、唄とあいまってかっこよかったし。

 

後はじゅんこさんのおちつき具合と、語りかけ具合のしっとりさと、近くでみてわかった目線の落とし具合。

 

老け役としてのうまさを表情見て目の当たりにしたわ。

あれは新人公演でなみけーやるの辛いんじゃない・・汗

 

後は、エキゾチックジュエリーのゆきちゃんは、今日はY字バランス綺麗でした。

やっぱり、若干誤魔化し入ってたけれども(笑

 

やっぱり、またなんでもできるゆきちゃんになりつつある・・・

 

ゆきちゃんの左はおとくりちゃんだけど、右側はあれって舞空瞳ちゃんだったかな?

管理人まだそこまで顔わからないからアレなんだけど。

 

黒燕尾はいつも通りたそとさなぎちゃんを見てて右半分見て終わってしまった。

たそもあれでキレッキレなんだけど、前にキキがいるのでどうしても分が悪い(汗

 

今日も楽しめました!

 

 

金色の砂漠 感想 雪華抄 1階席Aだけど まとめ

 

2階と1階の差を特に感じた今日でした。

 

2階Sの最前列から5列目くらいまでじゃなければ、舞台降りの場は特に雪華抄でも金色の砂漠でもない公演なんだけれども、管理人は1階での観劇をこの公演ではお勧めするかなぁ。

 

まぁ、そうはいっても、やっぱり当日Bが多い管理人なんだけどね。

 

後、今日は顕著だったんだけど、この演目、気を吸われるか滞るかするかもしれん。

管理人、結構感情移入して見てたから気づかなかったんだけどさ。

 

通常、ショーで締めて元気もらって、元気になって帰るもんだけど、逆になってるし、内容がアレだし・・なので昇華しないと、終わった後・・

 

アレ?なんかすっごく疲れた気がする・・

 

という事になりかねないかも。

そして、その場合、みりおは元気になっているかも(笑

 

これ、多分,見終わって一回でいいや!って人とか、みるのに気合がいる、って人がいる事になるかもなー。

 

次見るときは、周りの人か演目の部分がチェックしてきますわー。

この前はそんなことなかったので。

 

気の量かな?

 

さておき、あと、チョコも美味しかったけど公演デザートはフランボワーズの方が好きかなー。

 

金色の砂漠・雪華抄

 

 

あと、今日は東宝雪組集合日でしたね!

 

やった!昨日・一昨日を無事に乗り切ったよ!

これで多分、クリスマスまでは心の平安が保たれるよ!(個人的に)

 

とかいってウルトラCあったら泣くけど。

まぁ、それはそれで・・・なんというか・・・

 

金色の砂漠