この記事は約 7 分で読めます

雪華抄・金色の砂漠 初日観劇 感想

花組 金色の砂漠・雪華抄を初日観劇しました!

長くなりそうなので、まず結論から言いますよ。

 

すいませんね・・・毎回・・長くてなんだか自己満におつきあいさせているようで・・・。

 

花組ファンは期待してて良い!その期待は絶対に裏切らない

 

凄く面白い。花組ファンは見るべきですし、見る価値ありますよ!

個人的には大変満足で、また次の観劇機会まで待てずに追加しにいきます。

 

当日B無双しに行こうかと。

 

これは、お芝居自体もよく、ストーリーもよく、キャストもよく、ショーも和物ながら目新しくて良く・・と全てが初日観劇の印象として良かったパターンになる印象で、かつ、完全オリジナルものという奇跡。

 

ただ、どうでしょう。

 

こんなに最初に ”面白かった!良かった!” が来てしまうと、後から数を見て、徐々に自分の中で埋めて行く面白さというのがあるのかないのか・・・そのあたりのポテンシャルが未知数であることを心配してしまいます。

 

そのくらい、個人的には興奮冷めやらぬ所で、奥様にも明日見に行きなよ!と発破をかけておりますわ(笑

 

今日はソロで行って、後ろの方の席で観劇してました。

平日ですしね、男がぽつんとちっちゃくなって見てましたよ。

 

では、いつものペースで観劇の感想行って見ましょうかー。

 

雪華抄を見て

 

和物はね、やっぱり退屈が先行してしまうかな、という心配があったんだよね。

アゲアゲショーが好きなものでさ・・・

 

ただ、どうして見てびっくり、これ凄く良かった。

え?もう終わっちゃったの? と時間の感覚を忘れて見入ったよ。

 

趣がある。

そして、美しい。

 

やっぱり、自分も日本人だなぁ、と思った(笑

 

着物の集団が一矢乱れぬショーもまた美しく艶やかで、それでいて現代にアレンジされた感じもあり、良かった。

 

あ。

 

管理人、日舞とかそういうの一切わからないので、そういった知識と学の無い人間の言う事だと思ってね。

 

まず、和物のショーを見てのデメリットから。

 

まず、初日ということ、それから和物として、音の間を取る事もあり、拍手のしにくい場面もありました。

 

拍子木がなって、ポーズを取ったのを見て、観客は拍手をしてしまう。

でも、実は、その後にクワッと決めのポーズがあって、『あ』となる場面とかね。

 

まぁこれは次第に観客側が慣れるでしょう。

 

後は和物の最大の欠点。

 

完璧な白塗りのため、組子の顔の判別がかなり難しい。

ご贔屓さんを見続けた人がわかる程度だと思う。

 

特に、遠目の席から見ると致命的にわからない。

 

メインのキャストはそこそこわかるよ、もちろん。

着物が違うし、なんとなくでてくる席次的と順列の想定がつくので。

 

それから、ミエコ先生のソロ舞踊があるんだけど、雪の椿背景のところとか、細かい所作を含めて雰囲気を感じ取ろうとすると、オペラで追っても不十分に感じる。

 

Sで15列くらいより前じゃ無いとあれは見て本当の良さはわからないんじゃ無いかなぁ、と感じた。

 

落語みたいにさ、視線と声で一緒になって誘導されるような仕組みはなく、舞と仕草で感じるものだから、腰の落とし方、手の返し方とか、細かい所作が見えた方が絶対に感じ取れるものが多くなると思ったよ。

 

なお、その場面で、おとくりちゃんのカゲソロもとても上手だった模様。

 

デメリットといえばそのくらいで、後は全て良かった点、素晴らしかった点だらけよ。

 

まず、周りの環境で言えば、舞台装置というか背景が綺麗。壮大。

うわーと思わせる背景がたくさん。

 

特に日本画のような河の絵が中央に階段含めて描かれている場面があるんだけど、階段の段差が河の模様の迷彩になっていてわかりにくく不思議な遠近感があったりとかね。

 

後は、ライティングの技術も素晴らしく、色使いとタイミングが和物なのに派手じゃなくしっかり合っていて綺麗な趣を醸し出していた。

 

凄く細かいところまで気を使っているなぁと思って、これは原田先生の腕が凄いなぁと感じたんだわ。

 

ちなみに、見ていて一番着物が似合っていたのは、個人的にはかがりりちゃんと思いました。なんでだろ。本当顔の感じと和装が似合ってた。

 

全員が揃っての舞踊はやはり豪華だね。

 

音楽も幽玄な感じでソロがある時の穏やかさもいいけど、着物を着た全員が歌うショーもまた違った魅力があって2度楽しめる感じ。

 

ほんとね、キキはマイペースで歌わせると深みのある響きの声になって、

 

『え?こんなにうまかったっけ?』

 

と思える上達っぷりで個人的には咲ちゃんの上達っぷりを抜いた感じがあって、おお、と一人で盛り上がっていた。

 

あと、たいていの男役が出る場面ではちなつちゃん無双、安定感があってカッコいい。

 

もうね、あきらの歌、なに歌ってるかわかんないし、誰出て来たかと思ったら一声目でカレーとわかった銀橋ソロでなにしに出て来た状態でまったくわかんないんだけど、二人ともめっちゃカッコいいからいい。

 

雪華抄は7場しかないんだけど、場面設定が和を共通点に、場が変わるのに途切れて現実に戻されるような感じがしないのも演出の巧い、いい点だと思う。

 

急に鷹と鷲の場面でみりおVSカレーの舞踊になるんだけど、それすら違和感があまりない。

 

岩肌の高みから飛ぶカレーとみりおの衣装は丸山敬太だけあってカッコいい。

この場面、マイティたちを引き連れて踊るカレーはやっぱり華がある。

そして、カレーの歌がないのもまたいい。

 

アップテンポの和太鼓があったりして、なんだか急にAceCombatで盛り上がるシーンと同じワクワク感がくるんだ。

 

その後七夕ですよ。

 

場面が急に変わっているけれど、それでも違和感が不思議にほんとないんだって。

 

ちなつべーちゃんコンビとキキゆきちゃんコンビの七夕なんだけど、この時の背景も凄く綺麗でね。

 

ただ、個人的には壊滅的にゆきちゃんの織姫が衣装とゆきちゃんの感じとあってなくて残念に感じたけど、キラキラして綺麗なんだよ、ほんと。

 

歌もしっとりハモってて、かつ、二人ともお上手でほっこりするシーン。

 

後は安珍清姫の場面とか、みりおかのちゃんの歌や踊りも素敵。

 

波の布をつかった演出や、炎のライティング、ゆきちゃん、べーちゃんの歌など見所ほんとたくさんでね。

 

本当にすぐフィナーレになった気がしたよ。

昇華の場面で、全員で華やかにテーマの桜花夢幻唄って終了。あっという間。

 

もう少し、場面とキャスト覚えて追って来ます。

白塗りだからわかりにくくて、ほんと。

 

個人的にはみりおはソーラン節のような民謡的な癖のある歌は苦手とは言わないまでも、声の質、音域的には映えないんじゃないかな?と感じたけれど、歌のうまさでカバーしている感じはあった。

 

しぃちゃんのソロも清姫の場面で上手なのにおっ!と目を引いたし、影デュエットの咲乃深音ちゃんと愛乃一真くんも上手だと思ったよ。

 

和物はやっぱり音と唄の表現力に左右されるね。

 

 

金色の砂漠を見て

 

今回のうえくみ作品のテンプレ的には、

 

トップ 死亡 娘1 死亡 2番手 生存

 

というパターンでした(笑

 

まず、開幕前の幕に映るらくだがぬるぬると動く。

これが期待を盛り上げるところから始まる。

 

ひとまず、待って。

 

今この時点で文字数結構行ってるので、なんだか文章の整形がつらい(笑

 

分けてかくわ、コンサバの感想はまた長くなりそうなので、後で別に上げます。

 

 

なお、本日のハイライト

 

カレーが階段踏み誤って落ちた。

SS席の1列目21くらいの前の客席降りの階段ね。

 

もう、それだけで頭真っ白になるくらい全部持ってかれた。

突如すぎて鼻水でた。

 

歌も飛んだしね。

4人の銀橋場面のカレーソロの歌だったけど、残りの3人の何事もなかった感も見事。

 

何事もなく上がって来て、みんなに拍手されてて可愛かった。

 

いや、あとあと考えるとほんと無事で良かった。

捻挫とかしてたら大変だよ、ほんと。

 

みんな一瞬身を乗り出したからね。

 

逆光で階段とか見えなかったんだろうなぁ、あれは同情する。

別にカレーは全然悪く無いと思うよ。

大階段も下をみないしね。ちょっと感覚ずれたんだろうなぁ。

 

ある意味話のネタをありがとう。

 

 

雪華抄・金色の砂漠 初日観劇 感想まとめ

 

あのね、管理人の隣の隣の席、空いてたし、前の席も実は空いてたんだ。

 

幕間に1階に降りて立ち見いるかなと思って見に行ったけど、何も置いてある様子が無く、場所取りの様子がなかった。

 

実は、やっぱりチケ的には劇場から見たら、苦戦してるのかもしれない。

なにせ、お取り次ぎお願いしたら、管理人も生徒席で後半の日、SSが周ってくるくらいだから。

 

後、女性のトイレの列もケイレブ初日よりも少なかった気がするんだよね。

 

金色の砂漠 雪華抄

開演前のフルールも満席ではあったけど、そこまで席の争奪戦もなく、管理人ものんきに公演デザートとラーメンをのんびり食べてたくらいだよ。

 

あ、今回の公演デザートのこれは素で好みの味だった。

 

甘酸っぱさとムースが合ってて凄く良いですわ。どうでもいいですね、ハイ。

 

でもね、これ、面白いし良い公演なので、徐々に良さがわかった人が入って、後半埋まってくると思う。

 

だから前半に詰めて見に行く勝負かなと感じている。

現に明日も行こうかなとか思ってる。

 

今日ね、男一人ソロで凄く身の狭い思いで見てたんだけど、隣の席もスーツ着たサラリーマンでソロだった(笑 ちょっと安心した。

 

かのちゃんでてくるとオペラで追ってたので、かのちゃんファンだったのかな?

 

にしても、よくよく考えると、和物のショーも今の花組だからこそできると思う。

 

ロマンスがみっちゃんと星組しかできないように、キャストと組を見て、今この和物は他にできるとこないと思うくらいしっくり来た。

 

花組ファン!集う時が来ましたよ!