この記事は約 6 分で読めます

FALSTAFF 感想 千秋楽観劇行ってきました

FALSTAFFを千秋楽の今日に見てきましたよ!

とっても楽しいお話で喜劇のロミジュリで良かった(笑

 

このFALSTAFFを端的に言うと、

 

パワー系勘違い大阪のおばちゃんの話

 

という一言でくくらせて頂きます(爆

 

いや、ほんとに。ほんとに。ノリとつっこみがそんな感じなんだって。

管理人のまわりの空気のようだったんだって。

 

今日は、月組の方も2人センターの真ん中席で観劇にいらしてましたね。

すいません、千秋楽の日ってだけで11時会だから、よく考えると千秋楽じゃないや(汗

 

いや、でも本当に楽しかったお芝居でしたよ!

 

にしても、バウホールは狭い!
その分、ステージに近いですから、それはいいところなんですけどね。

 

後ろで踊っている子が今日も足滑らしていたり、とか、目が届くからこそ粗も見えるところが逆に楽しいんですよね。

 

管理人は右側の撮影機材の真横だったので、横はカメラ席で空いてて荷物置きながら観劇できました。

 

 

FALSTAFFキャストも見どころが多く引き立ってた

 

主演のマギーさんはもちろん専科。

 

月の御曹司、ありちゃんがロミオで、個人的には好きな顔系統の別格路線としちゃんが目立つ中堅として登場。

 

いいね、このキャストいいね。

 

いやー、みんな相変わらずかっこいいね。

 

このくらいメンツが少ないと下級生にまで目が行き届くから、色々と楽しめていいです。

ただし、数回観劇しないと全員分には目が届きませんわね、やっぱり。

 

  • マギーさん

パワー系勘違い野郎のフォルスタッフを熱演してくれました。
ソロも響くし、深くはないけれとど、元々の凄みのある声が出せるから、主演としては映える。

 

ところどころのアドリブ的な場面でも、きっちり笑いを取ってくるあたりが流石。
絶対に横浜出身じゃなくて、大阪のおばちゃん的なノリとエネルギーだった(笑

それを感じさせるお芝居のペルソナだったはず。

 

そんな、動きと劇でしたわ。つっこみの仕様とかね。

 

声が声優さんみたいだから、だいもんみたいに響く系で深みのある声ではないけれども、声量のある、ちょうどいい感じの包容力でしたわ。

 

舞台前面でくるっとまわって四股を踏むような華麗ではない動き。
結構、登場の時とか単調なんだけどね、動きは。

 

それでもマギーさんは絵になるんだよなぁ。なんだかずるい。

 

  • ありちゃん

さすが月の御曹司。

大事に育てられているのがわかる系お芝居とキャスト。

 

だけど、もう新公主演だけではなくて、舞台では動きがどうに入ったものになってきたね。
歌はお上手。あとは歌い込んでいけばさらに声量も出てくるから上達していくと思われ。

あぁ、約束された路線・・・
これはご贔屓さんはうなるほどいるわけだよね。

 

ただ、お芝居はポカをやらかす時もあるといわれている通り、時折棒に見える時があるんだよなー。
常にカッコよさ補正でなんとかなっているのがすごい処なんだけどね。

 

ダンスも粗削りな動き。
でも若いから許す、てかカッコいいから、いるだけでなんとかなる。

 

宝塚人生イージーモード。

 

 

  • としちゃん

ティボルトかっこいいよティボルト。

 

華麗動けるチビ(チビではない)ウェービーな髪型、さまになる立ち回り。

いやぁ、カッコよかった。

 

顔芸が活きるんですよ、としちゃん系の顔は特に。
歌もソロの場面有り、激しく踊る場面もあり。
最後、天使のわっかを頭につけてにこやかに踊ってるのはさすがに笑ったけど。

 

にこやかだと朗らかに見えて、凄む顔だと迫力が出る自在さ。
歌えて踊れて役もこなせる別格は本当に劇にはなくてはならない存在ですわね。

 

がおりとかとしちゃんとか90期あたりの頑張りは充実度もあって華がありカッコイイですわ。

 

マキューシオの蓮こんくんもカッコよかった。

 

なとりさんとか、3役分でいつもの熟練の動きとセリフとお芝居のまま楽しませてくれたし、キャストが少ない分獅子奮迅の活躍を見せてくれた。

 

モンタギュー家とキャピュレット家の親御さんメンツはいつものベテランの方々だったわけだけど、安定そのもの。安心してみてられる。

 

ゆのちゃんや、ゆうきくんなど、若手の2世面々はじめ、後ろで出ていてのびのびできていたと思う。

 

マギーさんのFC会のトップは鼻息荒いと聞いていたけれど、これなら安心してみてられたのでは、うん。

 

 

FALSTAFFストーリー

FALSTAFF

 

管理人個人は凄く面白かったよ!

 

ロミオとジュリエットの話どこでどう変わっていくのか?というところが気になっていたわけだけれど、大枠の変更はなし。

 

ただ、壮絶なネタバレだけど、終わったし、まぁいいか。

ロミオとジュリエットが同時に生き返る処とかご都合主義だけど時間的に致し方ないと思うの。
まぁ、喜劇だから棒ストーリーもいいよねー、という感じ。

 

ただ、これ、作と演出はベテランの先生だった気が・・・まぁそれもいいか。

 

SIR FALSTAFがイングランドから追放されるエピソードからスタート。
ありちゃんが2役のイングランド国王になる処からの見事な手のひら返しは素晴らしいの一言。

 

そこで、まず、

 

「えー!!」

 

になって笑う。

 

マジか。

 

さんざん、FALSTAFとのんだくれニートのような生活をしたり、強盗をしたりといったところの自由人から一転して国王になっちゃった。

 

そして、FALSTAFは追放されちゃうところだよね。

 

「え、30秒前まで友達だったよね??」

 

みたいな(笑

 

まぁ、生活ぶりが巷に知れ渡って、頼ろうとする先々で断られ、キャピュレット家のヴェローナまで転々と。

 

後はロミジュリのフォーマットですよ。おおよそは。

 

大公にモンタギューとキャピュレットで喧嘩ばっかりなもんだから、おこられちゃった。
そんでもって、舞踏会をしていたキャピュレット家の当代の奥様はFALSTAFの親戚。

 

断り切れずに居つかれてからのFALSTAFの勘違いぶりというか、テンポのよさは構成が良かったと思うわ。

 

舞踏会でロミオがジュリエットを見初めてからの、FALSTAFもその後、ジュリエットを見初めたタイミング。

 

ジュリエットが庭先でロミオに愛の告白をしているときに、なぜかFALSTAFも居合わせて自分の事だと思う。

 

明日の朝結婚式を~といって、自分だと思ってFALSTAFがのこのこやってきちゃうとことかカワイイ。

 

確かめろよ、結構大事な人生の分岐点なはずだと思うの、普通。

 

後、神父に騙されてロミオとジュリエットの結婚式の介添え人とかやっちゃって凹むのとかもカワイイ。

 

ありちゃんはカッコイイけど、ロマンを吐けば吐くほど棒になるのが惜しい。
最後まで、そのタッチで行かないと喜劇の緩急で崩れちゃうね。

 

今度はまこっちゃんみたいにダークな役もやっている姿を見てみたいなー。

 

ハイライトはマキューシオがティボルトに殺され、そのティボルトがロミオに殺された後だよね。

 

剣が落ちてて、ヴェローナ大公に、

 

「ティボルトを殺したのは誰だ?」

 

「言えません、友情故とお察しください」

 

「そうか・・それではこの剣は誰のものなのだ」

 

 

「あ。それはロミオの・・」

 

 

「ああああああああああああああああああああああああああ」

 

 

 

声と鼻水出た。

 

この台無し感(笑
往年の小島よしお状態になってるマギー。

 

しかもこの後、ロミオ追放で一幕終わりなんだけど、最後のFALSTAFFのその時のセリフが

 

「ロミオ、ジュリエットの事はこの俺に任せろー!」

 

ド外道(笑

 

そこからの、最後の生き返ってのハッピーエンドは良かった。
喜劇がうれしいよ、ほんと。

 

 

FALSTAFF 感想 まとめ

 

バウの狭さはいいね。色々と癖になる。

 

ただ、ほんと狭いよね・・・幕間とか行き場所を失う・・・
女性用トイレの列に廊下占拠されるし・・・

一度出て息を吸いに出ないと息が詰まるわ。

 

カメラ撮影機材でっかいの右と左とに入ってたけど、今日の地震は大丈夫だったかな・・とか余計な心配してましたぞ。

 

こちとら11時公演だったので1時40分終わりでその後、例のGreenBerrysCoffeeにいましたがね。
一斉にお店の中がアラートだらけになって一瞬びびりましたわ。

 

にしてもFALSTAFF楽しかったな、これ。風邪引いてて以来、久しぶりに笑った。

DVDでたらまた見たいわ。

 

アドリブもべったべたなのにわらっちったぞ、くそう!!