この記事は約 4 分で読めます

桜華に舞え Samurai the Final 星組  を見て

みっちゃんこと星組トップ北翔海莉のさよなら公演だけど、やっぱりさみしいね。

貴重なヅカの歌うま要員がまた一人・・涙

 

娘1のふうちゃんも添い遂げだし・・・ふうちゃんも歌うまだし・・・

やっぱりみっちゃんの全力具合と歌は気が乗っていて気持ちいい。

そして、侍姿がカッコイイ。

 

桜華に舞えを見て

 

桜華に舞え

和物の姿がみっちゃんは本当に似合う。

若干の昭和を感じるから(爆

 

ひとつひとつの芸が細かいのもわかるし、すごいよね。

全ての演技に気が載っている感じがするよ。
にしても、次期トップの仕上がり具合よ・・どうよどうよどうなのよ。

絶叫芝居から全力とったら何が残るのかと問いたい、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。

 

初日は全力な気がしたけど日々こなれている系?

 

芝居巧者だからさ、まぁセリフや絡みがあった人間模様や人間賛歌は得意なのはわかるんだがね、宝塚は清く・正しく・美しく歌劇なんですよ、歌劇。

 

言っている意味わかりますかね?

 

さておき、べにこは侍姿よりも、官服姿の方が似合っているよね。

うん、スタイリッシュではある。

そして、ことちゃんですよ、ちっこい。

 

歌の安定感さながら、ちっこいけどだんだんキタキタ、いい感じのオーラ。

迫力と芝居の魂のこもり具合。でもちっこい。

 

身長はそうでもないはずなんだけど、どうしてそう感じるんだろうか。

かわいいからか。

 

にしても、今回はカッコよかったなぁ・・ひたすら。

これは、ファンも嬉しい目立ち方と仕上がり具合だと思う。

 

しーらん、かいちゃんはひたすらいつも通りな感じ。

特にしーらんとか嫌なやつの感じの演技が上手だったなー。

劇中イラッときたもん。

 

かいちゃんはトップに絡んで相変わらずお上手。

ファン満足ってかんじだろうなぁ。

 

そして、さやかちゃんこと美城れんさん。

さやかの親方。

華麗な上に豪胆なんですよ。

 

かっこいいし、いい役だったなぁと。

舞台映えした上に存在感バリバリ。

まぁ、みっちゃんと同じで物語の中心だったからなんだけどね。

 

 

桜華に舞えはストーリーも良し

桜華に舞え
メインテーマも曲も好き。

自分にとって大事なものを護る、というそれぞれの漢の義。

 

男にとっては本当に泣けるストーリーで、これは男ウケは絶対いいと思う。

かなりグッとくるから、グッと。

 

もうね、戦いの最後の朽ちていくまこっちゃんの永輝の崩れようと、みっちゃんの撃たれる所までの奮闘と、最後かばいに出てくる紅子ね。

 

男の友情と男の意地でグッとくるから。

 

それまでにも、伏線というか、最後に繋がる話の場面でたくさん起伏があるもんで、永輝が利秋を憎んでいく過程と、守れなかった愛奈姫の姿を見たときの無力感、そして復讐にそのベクトルを向けて、果てていく姿。
八木長輝は多分、あの瞬間人生で一番輝いていたんだと思う。

 

もちろん、間違った方向に進んでしまったのだが。

そんな、ことちゃんのダークな魂を込めた演技がかっこいいんですよ。

 

みっちゃんは言わずもがなですよ。

殺陣も歌も最高で、後ろの席にもみんなに届く。

 

もうね、でも、桐野利秋もやっぱり自分の義を通す所にベクトルを持っていってしまったクチなんだけど、それは国を思って、国を構成する人こそを想ってってとこなんだよね。

自分の立場を各自思った上での、その義を貫き通す姿よ。

 

そういった描き方の斎藤先生は良かったね。

すごく感動したんだわ。

 

美城さんの西郷さんが、最後城山に至る前に「何を遺したいか」と聞いていたが、結局はテーマはそこなんだというのがはっきり見て取れる。

 

パンフ1ページ目の憂いのみっちゃんの姿だよね。

 

衣波隼太郎のべにこも、官側として日本を護るという立場で郷里と親族に反目されても、自分の信じる道を進んで最後残って生きて行く。

 

そうして一人一人、それぞれの道を進んで行くんだなぁ、そんな人間の強さとせつなさを感じた日本人の物語だった。

 

 

ロマンス!はメロウな感じで

桜華に舞え

ショーの方も昔のよき宝塚であって、とても昔からのファンにウケのいい構成になっていた。ロマンスシリーズも長いからね。

 

でも、もう少しみっちゃんとふうちゃんのデュエダンがあっても良かったと思うし、歌うまで存在感のあるみっちゃん推しのショーが実は個人的には見たかったのだけれどね。

 

その点は個人の好き好きというか、好みなんだろう。

 

そして、最後は友情と旅立ちというテーマでみっちゃんのこれまでと門出を祝う”私の世界”という構成。

 

ガラッと雰囲気が変わる気がしたけど、それは、時間があっというまに感じたから場面展開が早く感じたのだろうか、すぐ終わってしまった気がして名残惜しかったね。

 

まぁ、また見に行くけどさ。

 

それにしても、ふうちゃんの朗読から始まるショーだけど、言葉が聞き取れるところから急に、途中英語の歌が入って、歌詞が歌い手によっては全くわからなかったので、星組はその点は次につながるのだろうか?大丈夫だろうか?と感じたわ。勝手な心配だけど。

 

タレントは揃っているので、さらに千秋楽までいい劇になること請け合い。

ムラもいいけど、東京も見に行きたいなと思うんだわ。

 

 

桜華に舞えを観劇して まとめ

 

なるほど、と思ったスレを

 

マリコにはみなこがいた
タニにはみちこがいた
チャーリーにはおさがいた
コムにはハマコがいた
水にはキムがいた
ちぎにはだいもんがいる
そして多分、紅には琴がいるのだろう

 

(●▽●)なるほど!奇跡!