この記事は約 9 分で読めます

私立探偵ケイレブハント GREATESTHITS!!雪組 観劇行ってきました

私立探偵ケイレブハント行って参りました。

 

取ってたB席にくわえて、また連日嫁も行きたいというので、追加で同じ時間の当日Bをまた取ってですな・・。

 

当日券の様子など

 

さすがに早めに出て行くと、何も無い日は土日だったけど、まだ空いてるもんだね。

 

一般前売りでは埋まっていたけど、当日の公式で確認すると、11:00 15:00ともに60枚程度券ありって出ていた所。

 

すでに、行った時には、それでも半分くらいは埋まっていたけれどね。

どのくらいに着いたっけ、10時くらいだったと思うな。

 

当日券の座席の空き具合を選ぶのを、係員の方に

 

「この座席表、写真撮ってもいいですか?」

 

と伺ったら、めっちゃ怖い顔で、

 

「写メはご遠慮ください!」

 

と怒られました。写真じゃなくて写メと言われた。

 

すいません、前こっそり撮ってたよ、管理人。

知りませんでした、以後気をつけます、ごめんなさい。

 

という事で、何が非常識なのかわからないので、とりあえず常識を聞いて行くスタンス。

 

いちど家方面に戻ってコーヒーのみながら、へぽーんとしようと思ったんだけれどね。

 

当日券もとってあげたし、また、フルールでいっかなーとか考えながら、たまには向こうまで歩いて宝塚南口駅の違う方でも・・・と歩いて行ったら、楽屋口前を通過。

 

待ちしてる人たちの群れを発見。

 

あれ? 花組のお稽古のクラスなのかな?
それとも、月??
まったく何もわからずにちょっとだけ待機。

 

近寄ってみると、カメラ構えている人は、結構いいの持ってるねー。
望遠のレンズ抱えてるマダムもいるし、すげぇ。

 

管理人も一応、コンデジに近いデジ一持ってるのでぱしゃり。
カメラはまだ練習中ですんで、ちょっと出せないかな、写真。

 

ちゃんと遠目からわかったのは、正塚先生だけでした(爆

 

「待ちとかガードとかしたらチケ回せるよ」とかツテのツテのツテぐらいからお声がけ頂いて大変ありがたいのですが、そうするとこういう遊撃戦ができなくなるからねぇ。

 

写真なんか撮るのは、もっての外になるし・・・

 

かといってバウ系のチケを手に入れたいとなると、やっぱり一般だと中々ワンチャンかけざるを得ないような所があるので、結構悩ましい所なのですが。

 

・・・全ツも日にちだいぶ先だと中々決めきれないんだよね。

 

うーん。

 

そろそろ戻るか、お家付近まで戻るのは面倒だから、またフルールでも・・と思ったら、フルール、空いてるのに奥の一角がめっちゃ怖い。

 

座席を会議風に連結させて、なにやら、OL〜マダム風な人たちが会議みたいなのしてるし(FCトップさんたちでしょうか・・)

 

明らかにあそこは地雷っぽい。あそこは避けよう・・

 

方や、もう一個の奥の方では、取りまとめかお手伝いの人たちが、11:00公演のまとめと15:00からのチケ出しの準備だと思うんだけど、いろんな話をしながらぶつくさぶつくさ作業やってるし。

 

でも、端っこじゃ無いと目立つので、管理人も公演デザートとコーヒーたしなみながら端の席にいたのです。

 

公演デザート。バナナムースにベリーマフィン

 

ケイレブハント公演デザート
おいしい、もぐもぐ。

 

そうすると、ちらほら

 

「***をつけて売ってる人がいるのよ」

 

「転売する気満々じゃん」

 

「***するってホント非常識よね!」

 

といったようなワードが聞こえるたびに、こわっ・・と思いながら諸々作業をしてましたわ。
そうこうしている間に11:00公演の幕間でお昼で流れてくる人々。

 

管理人もラーメンとたこやき食べながら開場まで待機ー。

 

土曜日かつ開始2日目だけど、思ったより14時前までは空いてたという印象。
11時公演終わったら途端にすごい人になったけどね。

 

開場前にはきれいさっぱりチケットは完売ではけてたね。

 

キャトルレーヴもすごい人。

レジが本棚の方まで伸びて相変わらずの熱気ですよ。

 

そしていつも通り女性用トイレの長蛇の列。
男子トイレは空いててこの時ぱかりは特権ですな。

 

管理人はパンフで予習とキャトルレーヴの反対側の3階にあがるエスカレーターの踊り場からデジ一でキャトルレーヴ上のパネルを撮ったり。

 

望遠だと正面のように撮れるからねー。

 

ちょっと羅列。リンク先で元画像おいとけど解像度高いからめっちゃ重い。

 

ケイレプハント

 

ケイレプハント

 

ケイレプハント

 

ケイレプハント

 

ケイレプハント

 

 

私立探偵ケイレブハント

ケイレプハント

 

えー、個人的な一回目の感想を申し上げますと、サスペンス風コメディと感じました。

いや、ミュージカルロマンなんですよ、本当は。

 

でも、随所に笑いの起こる、巧いお芝居の光る楽しい舞台でした。

 

はい。

 

いや、サスペンスなんだけど、ポイントポイントで光るコメディで、かつ最後はラブコメに結末を持って行くという荒技で、時間内いっぱいいっぱいでうまくシーンを作った先生の技が光りましたな。

 

ちぎみゆファンはあの二人を見に行ってるから、正直ストーリーは二の次なんだと思う

 

さて、開幕。

 

みんなで踊って、映画の撮影所のシーンからスタート。
そこでいきなり、あゆみさんこと沙月さんがお星様に。

 

そこからお話スタート!

 

時間無いし、いきなりクライマックス。

 

探偵事務所でちぎもんさきが登場。

 

まなはるは経理、101期のちさとちゃん、随分とガタイのいい金髪のかっこいい部下だね・・・そして、きゃびぃさん相変わらずいい味だしてる。

 

メキシコ人の夫婦が大ちゃんと組長かー。

娘が行方不明・・・って、・・ああ、なるほどあゆみさんですね。

 

謎は全て解けたー!どーん。

 

解けない謎は無い、さすが名探偵SAGIRI。
でもわからない風に物語は進む。

 

ここで、謎解きのテーマが大まかにあらすじとしてわかってくる。

 

翔ちゃんホレイショー警部で、警察の人役で出てきたけど、シャツ・・・シャツ・・・

 

なにそのセンス!どーん。

 

なんか違和感感じまくる出で立ちでした・・汗

 

翔ちゃんの部下か同僚かのライアンはひとこ。
目立ってきましたねー、ひとこ。

 

話はどんどんとテンポよく進む。

 

れいこの悪役はやっぱりキレイだな。
キレイな悪者なので爽やかです。

 

ゆうみちゃんが、思ったほど心配するような声じゃなくて安心したわ。
少し丁寧に歌っているのとコーラス側に回って声量を抑えているような気もしたけどね、あーよかった。

 

ボッシュートで消えていく咲ちゃんとか、なかなか舞台の小道具やシーンの入れ替わりが多くて、飽きさせない展開。

 

ケイレブ 「君の誕生日を祝うのは初めてだからね」
イヴォンヌ 「2回目よ」

 

これ本人なら、男だと完全に血の気引くシーンだけどね。
っていうか、管理人は臨場感あってなんだか血が引いたけどね。

 

みんな笑ってるからいいものの。

 

イヴォンヌは一人で自立しようと頑張っている強い女性、制作発表からそんなような事をいってたと思うけど、本当にそんな感じで、同時に、恋人のケイレブの身を案じている様子がよくわかる演技だった。

 

ゆうみちゃんは、ほんとお芝居上手だと思うんだけどなぁ。

 

咲ちゃんも切り出しで3番手としてぐいぐい来てる感じがでてて、劇中も単独で目立っていた印象があった。

 

くらっちが歌手の役でそのまんま適役でよかったけど、咲ちゃんといい感じの雰囲気で微笑ましかったです、はい。

 

くらっちもやっぱり歌巧いからねー、スペインだかポルトガル語かでメキシコ風な歌を歌ってたけど上手かったですわー。

雪の貴重な歌うま要員ですしーー泣

 

後、がおりが元ケイレブの同僚で傭兵の狙撃兵だった役なんだけど、カッコよかった。
凄い似合ってたなー、だんだん渋くなっていきますな、がおり。

 

後、だいもんの役のジムの彼女。レイラ。

 

超絶地雷。

りさちゃんこと星南ちゃん・・・

 

芝居・・だよね・・芝居なのか?? 素・・なのか・・違うよね・・・お願い。

 

ライアンひとこに「うるせぇ!」みたいに怒鳴られてる所とか凄い事になってたけど狙い通りなのか、なんだよね、うん。

 

でっかい釣り針を目の前にぶら下げられてる感じがして、釣られてよいものか迷う魚の気分になった。

 

おいおい、新公おらヤバくてマジワクワクしてきたぞ・・というサイヤ人の声が聞こえて来たわ。

 

後はあれだよね。

 

舞咲りんさんのひめねぇ。

 

どう見ても、アパートの管理人ではないノリが半端なくいい芝居上手。
「彼氏じゃ無いの〜?フゥ〜↑」とかあんなん誰でも笑うわ。

 

話はストーリーがなんとなく予測できる展開で、かつ、きれいな悪役れいこも最後もあっけない幕切れになってしまったけど、ここでがおりが活きるのか!とそこはおお!となった。

 

最後、急転して、空港のシーンでゆうみちゃんがパリに行くより、ケイレブと一緒にいる事を選んで抱きついてハッピーエンド。

 

二人で歩きながら銀橋渡って舞台の横にはけていって・・・

 

え。

 

終わり?????

 

いや、そういう展開だったけど、あっという間だったな。

飽きさせない展開で早かったよ。

 

シーンを詰め込みまくっている印象あったけど、上手にまとめてあって面白かった。

 

あーー、でも見事な一本道の棒ストーリーだったーorz… これは時間的に仕方ないっ

 

 

 

GREATESTHITS!!

グレイテストヒッツ

 

季節がまだ早いんだもの

 

 

みつ○

 

 

 

 

嘘です。

 

でもでもでもでも、だって、半分くらいクリスマスな感じで盛り上がってるんだもん。

 

トナカイの大ちゃんとれいこなんて、大きいの二人そり引いてきたら、あんなん誰でも笑うわ。

 

で、セリフが

 

「まだ、ハロウィンだって終わってないのに〜」

 

そんなん笑うわ。

 

最初はちぎとゆうみちゃんも歌いーの、雪組のアゲアゲな感じで始まるんだけどさ。

 

個人的なこのショーの一番の見どころと感想は、

 

咲ちゃん覚醒(当社比)

 

器が人を育てるというけれど、ケイレブの時もそうだったけどだいもんの後に続けて歌ってもズコーってこないし、巧さを感じるようになって、うわぁぁぁぁぁぁうまくなってるぅぅぅ、とかちょっと驚いた。かっこよくなったなぁ、咲ちゃん。

 

エスメラルダの時とか、ズコーっていうかボエーっていうか・・だったのに、別人になってるね。

 

稲葉先生の人の見せ方と出し方は確かに上手だったね。

 

ここで咲ちゃんも歌うんだろうなってとこで、難しいところはだいもんのソロを続けさせてダンサーとしての咲ちゃんを見せたりだとか、だいもんーさきちゃんの組み合わせで魅せる所とか、もう次の何かを示唆しているようだけどね。

 

後、妖艶なダンスの中で、ソロでひめねぇが歌い続けるのとか凄く上手で聞き惚れましたわ。
がおりも相変わらずうまく歌えてるしね。

 

いつもは辛口で見ている管理人なんだけどさ。

 

ケイレプハントモスコミュール

実はね、管理人・・・お酒飲めない体質なんですが・・・

 

アルコール0.5%未満のノンアルで吐くほど酔っぱらう体質なんですが・・・

 

幕間にうっかり、モスコをですね・・飲んでたのを「うっす!なにこれ」って言うもんだから、「ほーん」って一口飲んだら、眠気との自分との勝負だったというですね・・・

 

いや、さすがに最後まで気張ったんですがね。

 

おおー、エトワールマジでれいこだー。悪くないやーん。
おおー、ひとこ一人で降りてきたー!
おおー、咲ちゃん、肩にふわふわかけて降りてきたー!

 

ぱちぱちぱちー。

 

ん。

 

終わった。

 

orz

 

あまりショーの記憶がありません。

 

いやーGREATESTHITSのテーマはすごく良かったし、雪のいつものノリノリな感じで満足した感じだけあるんだけど・・

 

正直、後半になればなるほど記憶が薄くて・・・

 

我ながら最低や・・すいません、また見てきます・・・orz

 

 

 

追記 

 

男性の観劇も別に珍しくはありません。

男性も怖がらずにGO!

 

もちろん、圧倒的に女性の方が多いので圧倒はされますが・・・

 

特に土日は、奥様や彼女と一緒に観劇されていらっしゃる男性は多いです。

それでも個人的な体感としては、多くて、男性2〜3 女性8〜7 といった感じです。

 

管理人みたいにソロで行く方は珍しいですが、勿論存在はします。

 

平日になると割合は 男性0.5〜1 女性9.5〜9 程度と男性は激減します(当然)

 

ただ男性トイレは激空きなので、その点優越感に浸れます(謎

 

ストーリーをあらかじめ予習をしておきたいという稀有な方は、メインストーリーのあらすじを投下しておきましたので、閲覧注意でご覧ください。

 

純粋に楽しみたい方は見ちゃダメ!絶対!

 

私立探偵ケイレブハント ストーリーのあらすじ [ネタバレにつき閲覧注意]

私立探偵ケイレブハント ストーリーのあらすじ [ネタバレにつき閲覧注意]

管理人は「生で見るのが好き」という事があって、”当日Bでも行って見る”という事が好きです。そして、その度に感じる事を持って帰って、新しい発見を見つけて、うーんと

投稿 2016/10/09