この記事は約 11 分で読めます

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 感想 新生雪組もイイね!

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 梅芸で見て来ました。

そんな興奮冷めやらぬ観劇の感想を。

 

新生雪組、どうなっているかかなり不安と期待の入り混じる状態だったんだよね。

 

やっぱり、なんだかんだ言っても、ちぎみゆコンビは好きだったもので・・・

申し訳ないけど、今回は感想がニワカのレベルでしか出てこない。

 

うーん、なんだろう。この表現できない気持ち。まぁ、世の中には色々な考え方の人間がいるって事で流してつかぁさい。

 

HAHAHA

 

かといって、別にだいもんやまあやが嫌いな訳ではないし、出来も悪くないし、叩くような事もない。

 

まぁ、これも好みのようなものだから、さ。

 

確かに、「自分の贔屓がいなくなると、しばらく好きな人が出てくるまでは観劇を休む・・・という人も出てくるのはわかる」とうちのおくさまは仰ってましたけどね。

うん、なんか喪失感というか。

 

そんな寂しさと共に、激しい期待も入り混じるのは確か。

 

ほら、見たらさ、思った以上にめっちゃよくて、雪をより一層熱く追えるならそれはまたそれで楽しみなのでねっと。

 

なので、事前知識無しで見に行きましたよ。

だって叩く人多いんだもん。。。

 

 

琥珀色の雨にぬれて 感想

 

初演を観た人は、みんな初演を抜けないという印象を持つことが多い、琥珀色の雨にぬれて。

 

実力・・というか歌はお墨付きのだいもん・まぁやのだいきほコンビがどうなのか、とても気になるところだと思うんですわ。

結論から言えば、お芝居も凄く良かった。

まぁやが個人的には可愛かったし、お芝居も頑張ってたと思う。

 

しもぶくれだとか、おてもやんとか、笑うセールスマンとか色々と言われているけど、全然和物よりもこういう洋装の方が似合うのは意外で、純日本顔っぽく見える割には、こういう洋物の方が絶対に似合う。

 

むしろ、和物が似合わないんだな・・・と感じた。

 

まぁ、ビジュアル的に口が大きいのはコンビで同じなんだし、でも口が大きい分やっぱり声出るわけで、歌で全てをひっくり返せる、ほんと。

 

加えて、2人とも、お芝居もまだトップになりたての一生懸命さが出ているけど上手だと思ったよ、管理人は。

 

演出は正塚せんせなので、男の美学的な要素の指導はあったんだろうけど、だいもんの性格というか趣向的に合っていたのでばっちりハマっていた感じ。

 

ドンジュアンの時の悪い男から恋に焦がれて・・という変遷も上手だったし、しっくりと来てわかるけど、公爵のようなおぼっちゃんもそれはそれで麗しいと思った。キャラ的にはおぼっちゃん感はあまりなかったけどね・・。

 

ほぼほぼ、だいもん、まあや、翔ちゃん、りさりさ、ちょっとまなはるで全てが回ると言っても過言ではない芝居じゃない?

 

それぞれ良さは凄く出ていたと思うし、全体的に若手の伸び盛りを全て向こうに持ってかれてしまった割には、これはこれでまとまっていたと思ったなぁ。

 

琥珀色の雨にぬれて ストーリーの感想

 

琥珀色の雨にぬれてってさ。

 

結局、あれじゃん?

 

平たく言うと、婚約者のいる男が、よく言えばモデル、下位互換だと読モレベルの女に惚れて、なんも考えずついっていって失敗するわ、元サヤで結婚した後もまた何も考えず駆け落ちしようとして失敗して終了・・・の、クズの話じゃん?

 

身も蓋もないけど、恋愛ものを見るのが本当に苦手(かつ元々ドラマとかが嫌い)なので、グッとくる要素少ないんだよねー。

 

申し訳ないっす・・こればっかりはストーリーの感想なんとも^^;

 

はい、ここから真面目。

 

オートピントの双眼鏡で覗くわりには、なんだかピントが左目壊れてて、ガチャ目になっていたので表情まで追えなかったのが残念。

 

うん、1階席など夢のまた夢。

 

表情見えればこういったお芝居は印象がガラリと変わる。

1階席で間近で見た人の感想の方が正しいと思う。

 

始まり方は豪華よね。

 

全員からのダンスで始まるし左右に分かれて消えたり出たり。

なかなか趣向のあるオープニング。

 

最初から順番追って話てると長くてしょうが無いので、特筆したいとこだけだけど、クロード(だいもん)のシャロン(まぁや)に対する想いは痛いほど伝わって来たな。

 

それだけに、最後の3人で「あっ」てなるシーンは、こちらが居た堪れなくなる感じの間がよく出てた。

 

そして、直前まで、

 

「昨日の夜は楽しみで眠れなかった」

 

と言っていたシャロンが、自分から身を引くべく、

 

「さようなら、おぼっちゃん」

 

と言って、言葉を飲んでうまーーくかわして去っていく姿は、大人の姿。

 

まあやは芝居も上手なんだな、というか娘1として頑張っているな、というのが見て取れて良かった。

 

管理人的にはそんなまあやの後ろ姿、品もあったと思うんだけどなぁ、どうでしょう。

 

もうね、管理人恋愛ものは・・読解力が落ちるのよね。

 

ニースのホテルにフランソワーズが車で飛ばして来た時、シャロンがフランソワーズに向かって

 

「この人なんて言ったと思う?・・・・結婚しようって」

 

と嘘をついたシーン。

 

管理人は完全に言葉のまんま、「あ。そんな事言ったんだ、このクズ(・ω・)」と思ってましたわ。

 

後でおくさまに、「そんなこと言ってなかったでしょ!!」と言われましたが、いや、だってさ、演出ではしょられたのかもしれないし・・とか、色々と考えてまして・・うん。

 

そうなんだ・・だから、ルイのその後の深層心理描写がシャロンに嵌まったのか・・うーん、勉強になる(←バカ)

 

再会した時の2人のシーンで、赤いドレスとビロード風な出で立ちのだいもんとまあやの歌は、再会の感情を背景に、背筋がゾクッとくるほど美しかった。

 

やっぱり耳福なコンビはいいね。

管理人は好きだわ。

 

りさりさも、佇まいはやっぱり妹役がハマっているし、感情の高ぶりが伝わってきたので良かったよ。

 

「私はどう正直に生きればいいの?」という最後の方のシーンもやるせない気持ちが伝わって来た。

 

でも、セリフを聞くと最早仕様とも言うべき声質なんだな、「あ、研1さんですか?」という棒に感じてしまうところがほんと惜しい。

 

賢いだろうし、かわいいだけに・・ってか、組子内でもナウオンとかで、だいもんとかの関係を見ていて愛されキャラ、妹キャラなんだろうな、と思うわ。

 

歌うんかい!((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

となるけど、歌に関しても頑張っている様子が分かったし、伸びてる伸びてる(震え声)

 

翔ちゃん、まなはる、レオくんを始め、脇を中堅で固めてたっちー他若手も頑張っていた感が如実に分かるお芝居。

 

人数が少ないから結構目が届くしね。

 

ただ、言っても、にわにわはいい銀行家のおじさんだったけど、今回はみとさんとかリーシャとか存在感が皆無だった気がする・・・

 

目立つ子、目立たない子が結構人数が少ない割にははっきりしたお芝居だったと思うんだよね。

 

それだけに、今回目立った子は次につながるように頑張ってほしいなーと思いますわ。

 

琥珀色の雨にぬれて キャストの感想

 

あ。もちろん、今思い出せる人だけです。

 

だいもん

 

実力はやっぱり半端ない・・というか耳福。

 

出ずっぱりだけど、まぁなんというか、だいもん自身も好きな宝塚でもあり、そんな宝塚の愛すべきトコロをわかっている感じが如実にわかるトップで、とっても良いと思う。

 

上がいなくなった分、のびのびできる・・・筈が、なんだろう。

 

まだ全ツのお披露目だからだろうか、トップになって垢抜けた感を感じるところがそこまでなかったような気がしてね。

 

かなりだいもんへの期待のハードルが高かったからだろうか。

 

たまきちもべにこも、一定の”これからのびのびできるようになったよ!”感があったんだけど、だいもんからはあまり感じられなかったんだよね。

 

だいもんの属性が陰っぽいからなぁ、れいこと同じで。

しかも、性格、真面目だし。

 

だいもんは、自分で輝くよりも輝く人を背に自分を写す方がよく見栄えがするのと、そういう悪役が似合う。

 

今回も客観的に役を見れば、安定の柴田先生特有のクズ男役だけど、そういう男の悪い面や暗部の心の揺れ方の表現はだいもんは上手。加えて歌も素敵なのでさらに響く。

 

でも、陽の要素が欲しいんだよねー。

 

まあやはだいもんについてっちゃうから陽なのか微妙なので、多分舞台のバランス的には咲ちゃんが居てこそ、これからは成り立つ事が多くなりそうな気がする。目下成長中だし。

 

今回の翔ちゃん、まなはるでは陽を感じる要素が少し薄かったのかな。

でも、とても良いクロードっぷりでした。

 

 

まぁや

 

管理人的にはとても美しかったんだけど、なんか周りでは評判悪いみたい・・

ただシャロンとしての役は品も出ていたし、歌もうまいし、言うことないと思うんだけどなぁ・・。

 

確かにビジュアルとして娘1特有の華は全くないと思うけど、それは、これから器が育てると思う。

 

ってか、だいもんもまあやも真面目なんだね、性格が。

 

まあやも上手いながら、なんとなく今回、必死に役とみんなに追いつこうとしている感が出ているように感じたんだよなぁ。

 

少し力が抜けて来て周りとの連携が出来てくればとてもいいトップコンビだと思う。

素敵なシャロンだった。

 

 

翔ちゃん

 

2番手役のルイはぴったりの印象。

綺麗だし、今日はセラヴィの歌も調子よかった印象で頼りになるね。

 

麗しい感じから、本人の言うとおりキザな感じの出せるビジュアル男役として頑張ってる。うん。

 

感じ的には伯爵令嬢のリシャールみたいな既視感を感じた。

それよりも大人になった感じもあって、たたずまいも服装も似合っててカッコ良かった。

 

 

まなはる

 

完全に良い人役。

フランソワのお兄さん兼、クロードの旧友として場を良い感じで抑えていた。

 

いつもまなはるは脇の中でも演技力のあるとこを持って行くので、今回は正統派のお兄さん役で良かった。

 

まなはるもこういうカッコするとかっこいい(笑)

 

 

りさ

 

演技はきっと声と一緒に聞くから棒に感じてしまうが、ちゃんと表現はできてると思ったし上積みがあるよね。

 

もじもじ感だとか、やるせない感じとか感情の高ぶりを表現するのは伝わって来ている。

ほんと、悪くないんだけど、台詞と声が・・・うん。

 

 

その他

 

あゆみさんは、完全にダンサーすね。

 

久しぶりにというか、歌声をまともに聞いた記憶がアレなんだけど、体幹しっかりキレキレのダンスから、あの歌はズコー━ヽ(*´Д`*)ノ━と感じてしまった自分がいる。

 

カレンさんも今回はお芝居目立ってたし存在感なかなかあってキレキレなおねぇさんで良かった。

 

はおたんは特に今回目立つ子の一人だけど、しっかり良いとこで前に出て目立っていたし、クラブの歌手も努めて歌も上手だった。

 

歌える娘役はやっぱり貴重なので、これから重宝されること間違いなし。上がり目すねー。

ひらめちゃんとポジショニング争いかな?

 

後は少し目立っていたのがたっちーかな。

ちょいちょい目に入るところを抑えにきてたけど、それでもそこまで目立つ印象が無かった。

 

その点でいえばレオくんもそう。

 

役的な順番で言えばかなり上の方なのに、取り巻きの一人としてチョイチョイ出てくる割には印象に残らなかった。

まぁ、これは個人的な好みもあるのかも。

 

あと劇中の歌に関しては、まあややだいもんとかぶせて歌うと、まあや補正とだいもん補正が入って歌がうまく聞こえるから、翔ちゃんやりさりさはかなり今回お得だったと思うます。

 

いや、実際に2人とも頑張ってけどね。

 

 

DramaticS!! 感想

 

長くなってきたので短めに。

 

やはり、気になる差し替えに関しては概ね改変はGoodの域。

でもoutstandingとは思わないし、Marvelousとも思えない。

 

なんだろねー、やっぱり人数が少ないから一体感が少ないのかな。

 

私の愛する人のイニシャルはSやキズナの差し替えに関しては、楽曲も良くてノリノリでいい・・・んだけど。

 

なんだろう、個人的にこの手放しで喜べない感じ。

 

いや、ほんとに素晴らしいのよ、ほんとに。

これは聞けば分かる。うん。

 

でも、きっとDramaticS!!のメインテーマとメロディが結構覚えて板に付いてしまっているので、なんだかその部分差し替えられていくら音楽が良くても、なんだかメインテーマと調和しない感じがして嫌なんだな。

 

曲調のつなぎも上手いのに。

 

最初から何も知らずにこのショーを見ていれば、きっとものすごく良いショーだと思う。

 

これからの新生雪組でもっと高く!高く!と鼓舞するいい盛り上がり、新しい神話を作ろう!という締め。

 

全く言うことナッシング。

 

でもなんだろ、引いて見てしまう自分がいて、その場の空気に乗れなかったのは何故だろう、ほんとに。

 

だいもんのソロも、だいもんだからこそ歌えるドヤ歌でこれもまた魅力だし、サブールのまあやも健在。

 

サブールは流石に舞台が回転しないので、横からざっとスライドが入ってスライド抜くとまあやたちが居るという登場だったけどね。

 

相変わらず、サブールのまあやのあの歌い出しの声が、狂おしいほど好き。

 

ほんと声で一発で持って行かれる。なんだろね、1/f揺らぎでもあるのかと思う程惹かれるものがあって声が好きなんだよね。

 

・・・という理由もあってまあやは好きなんだけどね。

 

今回はほら、ざっくり若手とか伸び盛りもいないから、歌もつなぎが、だいもんからはじまっても翔ちゃん、まなはる、レオ君、でその後が誰!的な話になってくるじゃない?

 

桜路くんとかも頑張って・・っていっても桜路くんや翼くんはかなり大劇の普通のショーでも後ろで歌要員で入っているし、もはやネタ要員でもないからアレなんだけどさ。

 

やっぱり”良かった”、というよりは、みんな「頑張っていた!」という表現の方が正しい感じに思えてね・・。

 

なんだろ、やっぱり雪組は全員でそろっているのが見たい、という感想なのかな。

 

周り見てもやっぱりこのショーは良かったと好印象で、管理人もそう思うのに、自分でもなんだか戸惑っている感じ。

 

レオくんの歌は本当に個人的な好みで、今回特に女の子にしか聞こえなくてダメだ・・。

 

べにこや愛ちゃんと違って喉締め系の発声に癖のある人のものではない、また別の意味で受け付けなくなってしまった・・。

 

歌自体は上手なんだけどね。

 

 

追記

 

あ。忘れてた。

ひとこ代役のワンダフォーの陽向くん。

 

めっちゃ全力で振り切っている感じがして目力もあり、よく言えば凄い目立ってたし、いい意味でいつもの陽向くんに見えなかった。

 

アドレナリン出まくりな感じが凄くて、悪く言えば危ないおクスリをやっているんじゃ無いかというくらいの全力っぷり。

 

歌も良かったし、これからさらに期待。

 

後は、ロケットのりさりさ。

 

「んー」

「いえーい」

 

((;゚Д゚) < えっ、誰?

 

と2度見するくらい、かわいくはっちゃけてて、この路線で是非これから行って頂きたい、御願いします(>人<)あと歌もなくしてください御願いします

 

まどかみたいにキレ芸が主軸になったらそれはまたをかし。

絶対ないけど。

 

見ていて「おお!」と思って楽しくなった。

 

うん、やっぱりりさりさは妹の愛されキャラなんだな。

 

 

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 感想 新生雪組もイイね!まとめ

 

最後の締めとして超個人的な感想を。

 

だいもん、まあやの2人が歌で突出しているので、ぐいぐいと引っ張っていってくれれば雪組も新しいだいもん体制で新たな面が雪組で伸びると思う。

 

しかし、その場合、その分周りが頑張ってついていく必要があるし、そうでなければ、違う部分で2人をフォローするように周りとかみ合っていかないと、2人だけが突出した格好になり、2人とモブの図式になってしまう。

 

そうすると、これまでにちぎみゆの時に感じてた雪組としての一体感はきっと表面上のみで、皆無になる気がしてね。

 

もちろん、それが良い悪いではないし、そういう体制に変わるというだけ。

どうなってもそれはそれでいい方に転ぶと思うさ。

 

間違いなく新しい風だから、だいきほ体制はどうなるのか楽しみだね。

 

これから観る人、楽しみにしてて下さいねー!かなりイイと思いますわー。

客席降りも2回あるしね!1階通路席はイイナー