この記事は約 11 分で読めます

グランドホテル カルーセル輪舞曲 感想 うーん、3TOP?

グランドホテルの感想です。また大劇場に行ってまいりました。

今日はムラ周辺は朝から帰るまで結局、雨。憂鬱。

 

奥様も見るというので、まぁ先に行ってチケット状況見て、じゃあ当日券でまたゲリラ的に見るか、という事で。まだ取ってあるチケットは先の日だし。

 

役替わりはひとまず制覇したいよね、当然。

 

でも、最近はお得A席、お得B席しか狙わなくなってきたというね・・・汗

Sは良くないとイヤという贅沢ぶりになってきた感がある。

 

今日はまったりと 出だし不調

 

えーと、その割にはゆっくりで・・というのも、今日は15時貸切で、11時のみの販売状況だったんだけど、事前にお知らせが出ていた通り

 

 

貸切でも余りの席を売っている貸切公演。

今の月組のムラの状況なら、ここは狙ってくる人はおるまい。

 

・・・・という目論見に慣れてしまった。汗

 

10時前後にまた到着、既に11時公演のチケットの列はチケットカウンターの第4コーナー手前まで掃けていたけどまだ列がある状態。

 

9時半販売開始だから、30分かけてってことは、そこそこ並んでいたみたいね。

まぁ、学生さんラストだし、安いよね、ほんと。

 

列には並ばずに、案内の通りチケ出しがいつも陣取っているソファーの前のカウンターへ。阪急交通社特設カウンターって書いてあったから、トラピックス系の貸切なのかな??

 

三番街貸切でもあったよね(関東の人に言うと、三番街は梅田の地下の阪急系ショッビングモール街、新宿で言うとサブナード、池袋で言うとエチカ的な感じでもう少し品のいい感じ。)

 

さておき、見ると、当日券設定は値段上ナシだった。^^;

当日券期待していくと、我ながら何だかケチ故に割高に感じるセコさよ

 

あ。さよですか。

じゃあ、まぁ席見て選ぼかね。

 

そこそこまばらに、どの席種もまだままた余っているじゃないですか。

 

がっかりSもまだあるね、Aは選び放題、でもまぁまぁ程度。

おお、Sの10列目とか飛び道具的に出てたのか。

さすがに埋まっているけど。

右の13、4列目のSも空いてるじゃん、なにこれ。

 

でも、お得Aはそこまでないか。

 

どこがいいかなぁー・・・財布財布・・・

 

財布財布・・

 

財布財布・・

 

さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れた 汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにしにきたの・・・

 

 

 

友の会入会するのにStaciaPITAPAにして、それで最近電車乗ってるから、こういう直前になるまで気づかんやらかしが発生する事案。

 

 

「あ。すいません、カード・・・・」

 

「現金のみです」(イラッ

 

 

キャッシュボックス

ですよね。汗

 

知ってた。

 

だって、どう見てもカウンターは長テーブルだし、カウンターの上にはこーんなキャッシュボックスしか置いてないんだもの。

 

一応ダメ元で聞いて見たものの、知ってた速報。

 

こういう時の為に、手帳に諭吉さん一枚控えてあるけど・・・
2枚買うとしたら、物理的にBしかムリじゃん!

 

び・・B席のここ2枚で(震え声

 

 

お得B席(一席、もしくは一列ずれるとA席)にド格下げ。

 

 

今日の15時は狙い目でしたわ。

Aでも1階そこそこなところ、だだ空き。

 

ファンには優しい嬉しい、劇団的には・・・うーん・・^^;

 

11時?シラネ。

立ち見くらいまでは埋まりそうだったよ。

 

でまったりとまたコーヒーを飲みに、GreenBerrysへ。

お家に帰るまで、手元ポッケの小銭かカードが使えるところのみ。

 

ま、仮にカード無くしてもここからなら2時間以内で歩いて帰れるだろ。

意外と歩くのは慣れている、というかよく歩く。

 

管理人、中学の時に埼玉から九十九里浜まで歩いた事あるし。

3日かかったけど。

 

あー、今日は特にオムライスが美味しく感じるー(;ω;

 

 

自分で書いてて余談がなげぇす。

 

 

グランドホテルはたまきち みやちゃんの2TOPから3TOP

 

2階とは言え、結構、当日Bよりはだいぶ前に感じるしねぇ。

ってか、このくらいがグランドホテルを楽しむには限界に感じるよ。

 

この前も、リンジョウカンガーとか言ってたけど、銀橋も最後しかわたらんし、結局遠目のミュージカルに感じたのは明らかに、マイク云々の音声もあるわ、これ。

 

前回の感想はこれ。

 

グランドホテル My初日 当日券でGo!

グランドホテル My初日 当日券でGo!

本日は月組グランドホテル、マイ初日でした〜。正月2日目から宝塚観劇。幸せ(爆お久しぶりです、ご無沙汰しております。おっさんパンダです。明けましておめでとうござい

投稿 2017/01/03

 

今回は、前回聞き取れなかったセリフもクリアに聞こえたのは、キャストがセリフ慣れしてきただけじゃないよ、絶対。

 

なもんで、せっかく席を取るなら、B席はなるべく避けた方が楽しめるかも、という個人的なオススメ。

 

グランドホテルは、うーん、見ていて結局、たまきちとみやちゃんの2TOPで話が進むような感じだけど、違うね。

 

  •  たまきち–ちゃぴ
  •  みやちゃん–わかば

 

という2つの組み合わせの2TOP・・・でもなく

 

  •  たまきち
  •  みやちゃん
  •  ちゃぴ

 

の3TOPが並列な感じなんだわね。

 

スターシステムならではの序列を感じないから、宝塚を見た気がしないのはこれ所以だな。

 

そりゃそうよね、だってもともとブロードウェーだものね。

 

わかばのフラムは一段存在感的に下がる感じ。

お芝居も歌も。今日は良く聞こえると特に。クオリティ的に。っていうか全部(暗黒微笑

 

初日から勢いだけで最初開幕からこなしてきて、そろそろトーンダウンというか最初の落ち着きどころを模索してきた感じの時期よね。

 

そうなると、やっぱり勢いから今度は質の向上に目が向いて演技者の重点が変わっていく中で、見ている方にとっては、

 

「最初の方が、ぐわっと行っていて思い切りがよかった!」

 

と、キャストによって評価が別れる時期になってくると思うの。

その点でいうとわかばはあきらかにそっちかなと感じた。

 

トップになって言及しづらいけど、べにことかもその系等よね。まぁ芝居を後半にかけて仕上げてくるけど、顔芸はかわらん印象。OSOどうなんだろ。

 

んでもって、ちゃぴの存在感とお芝居・歌はやっぱり娘1というか、むしろ、そんなことより私を見て!という感じになっているので、完全に3TOPな感が目立ってきた気がしてね。

 

なんだろう。いや、ちゃぴすけは嫌いじゃないんだけど、男役を立てる感じの娘1よりも自由奔放な娘1というか、天真爛漫な場を締めるお局といいますか。

 

合コンとかで偶にいる、自分を可愛く演出する仕草や仕方を知っている凄まじい慣れを感じさせる娘というか・・自分の可愛い部分を知っている子というか・・・

 

なんか複雑。

 

いや、圧倒的に上手だよ。

年上のマダム感からして巧さは一番ですわね。

昨日見たカメロマの時の花乃ちゃんのデコルテと比べると、若干あばらの浮き具合で年の違いはわかるけど。

 

グルーシンスカヤのBonjour,Amourとかやっぱり、マダムなのに心踊る感がすごく出ていて浮かれぽんちな様子が凄く微笑ましいし、踊れるし歌もブレない。

 

そして表情もニカッと笑っていて余裕を感じさせるわけですよ。

 

Bonjour.Amour、Roses At the Station、Death/Bolero、フィナーレはパンフによると、いくたせんせがトニーさんと演出を掛け合った所らしいけど、確かに羽根さんの時と違って、今回娘1の演出部分だけにどう引き立たせようか・・とした所なんだったね。

 

まぁ、どう引き立たせようかの前に、凄く目立つというか、全部持ってきそうな勢いでしたけど・・・・

 

たまきちはガタイいいし、キリリとしてるからいい男爵なんだけど、これ、付き合ったらグルーシンスカフに絶対に尻に敷かれるね・・という感じに見えてきた。

 

劇中に、彼女は若くはないし逆らえない的なセリフもあるけど、ほんとそんな感じ。

 

後、今回は通して、よく声が前回よりも聞こえてちょっと気になったのは、たまきちの歌かな。

 

歌が下手な訳ではないし、声も出ていると感じるものの、不安定に思えてしまう不思議。

高音になると特に目立つ気がする。

 

微妙に音が取れてないラインを、声を伸ばした時に徐々に音程を合わせていく感じがしてね。

 

美弥ちゃんも高音は取れるけど、ファルセット気味になってそこまで声量が出せないのでうまくかわしている印象。でも、その交わし方が上手なのとマイク補正で粗は見えない。

 

ありのラファエラは、頑張っている感が見えるラファエラは変わらず。

なんだかロミオやっていても同じ感じがする、棒からの脱却をやっぱり頑張っている感じ。

素直な性格の子が頑張っている、そんな若手感が出てていいけど、お芝居とはちょっとまた違うんだよな。

 

でも、歌は徐々に上手になっていると思うし、男役が女をやっている微妙なポジションはやっぱり背が高くて似合うと思うわ。

 

チャイナ服とあの髪型は個人的には凄く似合わないと思っている。

ありファンは大絶賛していたから、とても言いにくいんだけど・・。

 

あーさはどうなるのかあまり想像がつかない・・あの髪型かぁ・・・

 

エリックのあーさはお芝居の役所で、新米パパさん的な、産まれましたか?ドキドキなポジションは凄くあっていると思うんだよね。

 

最後の歌も頑張っているし、多分あーさファンは満足かと。

 

これもありになったらどうなるのか想像がつかない・・ロミオな感じのするエリックって、仕事をやらせちゃいけない感が出そうだけど・・・

 

さておき、Roses At the Stationのたまきちの歌の場面まで今日はあっという間に感じた。

そのあたり、やっぱり一度見てると物語と今回の演出も一通り頭に入っているので、落ち着いて引き込まれて見れた感はあったので満足。

 

関係ないけどあの紺服のたまきちはガタイ映えしてカッコイイと思う。

最後、Death/Bolero ちゃぴとのダンスもとてもかっこ良かったしね。

 

やっぱり最後の白服に変わってグルーシンスカヤが回転扉を出る時に、召された白服の男爵が入ってきて、回転扉越しに動きと音が止まる

目を合わせる

入れ違って時は動き出す・・・

 

ジョジョのThe World的な演出はいいね!あれいいね!

特に今回、目を一瞬をわせるところで、一瞬息を飲んだよ。

 

てか、既にその場面までに泣いている人がいたんですが。

 

だれだろ、女の人なのか男の人だったのか。

そんなに泣かれると引かれるけど、ぐっとくるよね、ぐっと。

 

で最後、いちど幕が降りて、その後空いて・・・

 

全員集合。

 

そうだ、海外ミューだから、なんかいつもと違う。

 

慣れない人とか幕降りてトイレに立っちゃったりしてるし。汗

 

まぁでも個人的には満足。

言いたいことは山ほどあるけど、もっと前で見に行きたいかな。

 

もうこれ、ストーリー構成上の仕様上の限界で、トニーさん見てるとこで勝手にヅカ風に演出変えられないから、これはこれでポテンシャルの性能限界に達している気がする。

 

カゲソロとかで中の人を変える以外の策が何行っても思いつかん。

銀橋つかうとか、もうね、ばっさばっさと変えるようよ。ほんと。

 

にしてもゆりやさん、踊っていて目の前遮るくらい出ても、ライト当たらないからモブ感が出ているのだけはなんとかして・・・。

 

 

カルーセル輪舞曲の感想

 

今回は、前みたいにパンフ見ても今ひとつ理解できなかった事もなく予習も完璧。

場面とショーの構成もわかっているので、見ていてより楽しかった。

 

でも、まだみつるくん、ショーが1年半ぶりのブランクから抜けてない気がする・・・汗

 

写真でも既に見た人も多い、出てくるカルーセルから始まって、

 

パリ

行き先は内緒

大西洋へ船出

アメリカニューヨーク

汽車で南へ

メキシコ

ブラジル

プラジルでお祭り

シルクロードへ流浪

インド洋へ

旅のつづき

宝塚に到着(我がパリ)

 

と、カルーセルに乗って旅をするロンドであるのがこのショーの構成なんですわね。

 

えっ?ネタバレ?大丈夫だよね、流石に。

 

「いなばせんせ忙しすぎるから手抜き」とか某掲示板で言われていたりもしたけど、結構構成が整っていて物語が進むように見れるのと、明るい感じのアゲアゲなショー。

 

しかも、ちゃんとデュエダンがあって、たまきちとちゃぴが抱き合って終わる。

 

ようやくグランドホテルから来て、宝塚を見に来た!感がここまで引っ張って来て出るというなんとも回収なげぇよ!的なのも含めて、ショーは好き。

 

たまきちがたまに紛れて消える

 

まだ2階からしか見てないからなのか、メインのダンスで白い衣装が多いからなのか、たまきちの所在がたまに目線から消えるのを何度か感じている。

 

たまきちあれだけガタイいいのにも関わらず、偶に見失うんだよね。

2階からみてると、そこまで立体感を感じないからなのかな。

 

銀橋で前に出ているメンツを見ていて、気づくと後ろで真ん中で踊っていたりする。

 

ショーになると目立つようで目立たないと感じるたまきちの所在。

それだけはなんか不思議に感じるのよね。

 

いつものショーを見ているとトップスターが出てくると目が離れない構成では無い気はするんだけど、同じように感じている人いません?

 

アメリカ・ニューヨーク

 

端的にいうと、ちゃぴが中心になって女子会をしているだけの模様。

からんちゃんとあきちゃんの歌はお上手。

 

で、最後、汽車に乗ってフロリダの方いっとく?的な話になって汽車へ・・・

 

汽車

 

ありが中心のダンスシーン。

個人的にはやすくんとれんこんくんしか見てない場面。

 

実はくらげとかもいて娘役も混じったダンスだということに、今日気づいた。

見てて、あれ?娘役いるの、これ、と驚いたし。

 

メキシコ

 

黒赤の燕尾で男役が踊るシーンだけど、シーンの解説通り、結構汗かいてるジェンヌさん多い気がする。

 

特に銀橋の上で踊っているあーさとか上から見てて汗が飛びそうな感じがしたよ。

ここすごいかっこいいよね。

 

ブラジル

 

カポエラシーンとかはみんなかっこいい!とか言っているので省略。

その後の祝祭のシーンでは、たまきちとちゃぴがメロン食べてる蝶にしか見えないという摩訶不思議な図が展開されるので注目。

 

特に、ちゃぴがブラジル的な旗をその格好で振っているけどここだけはギャグにしか見えない。

 

いや、その後普通に戻っていいんだけどね。

 

シルクロード

 

ここはみんなでサンバ風に踊って賑やかなところから、静かに落とすシーン。

美弥ちゃんが中心だけど、ここのナンバーは好きだわ。

 

しかもカゲソロまゆぽんで上手なんだ、これ。

 

インド洋

 

飛翔、となっているけど、こことしちゃんのソロがめっちゃいい!

凄く声も出ているし、上手。

 

最後みんなで飛んであかりが消えるのもいいんだ、演出。

 

 

で、最後宝塚に戻って来て我がパリになる。

デュエダンもあって、ここで旅の終わりでちゃんとしめるのがいいんだよね。

 

ようやくたまきちとちゃぴすけの幸せな感じが見れて満足。

麗泉里ちゃんのエトワールも上手で、フィナーレも綺麗、と。

 

駆け足すぎたので、また、今度じっくり感想を(笑

 

 

グランドホテル 感想 まとめ

 

トラピックスと三番街貸切・・・とはう言うものの、これ、やらん方がいいんちゃうかな、と思ったんだわ。

 

というのはですね、結局、開演直前にちらっと、当日券の特設カウンターの席表見たら、まだほとんど埋まってなかったんだよね。

 

貸切とは言うものの、特設当日券カウンターの横で、いつものように上級生のFCが部分的にチケ出ししてたり、なんだか良くわからん仕様でしたわ。

 

しかも、これ、三番街で当たった人はご招待だから、無料なのをいい事に、遅れてくるわ、視線遮るわ、途中退出するわ、あまりご興味が微妙な方もいらした様子。

 

色々といつも観劇慣れている人は、そういう人が近くにいたら集中できない人がいたかもね。結構、観劇中も比較的周りを見渡す癖があるのて、見てて何回か目についたから。

 

そして、極め付けは

 

B席右側30席以上まとめてガラガラ

 

まだ始まって1週間で、えっ・・というレベル。

これは配置ミスな気がするわ。

 

後、たまきちが終演後の挨拶で、インタビュー形式になってたけど、正直でかわいかったかな(笑

 

さておき、やっぱり月組はキングアーサーからのグラホで、演目とストーリーが新生月組に合ってない感がほんと、コレじゃ無い感じがして勿体無い。

 

キャストもストーリーもお芝居もそれぞれいいのに、全部がちぐはぐ。

魅力が半減している気がして勿体無いのよねー。

 

ああ、駆け足になってしまった・・・まだまだあるのに・・・