この記事は約 4 分で読めます

理事降臨で東上・中日劇場のラストを飾るのはうたかたの恋

星組東上で理事降臨、ドクトル・ジバゴ

中日劇場の演目は星組 うたかたの恋。

 

今日のお知らせはようやく演目発表。

 

「カイとか鼻息荒かったけど、カイオタ息してる?」と言われた某掲示板でしたが、理事なのねー。

 

いや、カイちゃんファンではないけど、主演カイちゃんなのかと思ってたわー。

 

大分世俗に塗れてましたので、全く順番とかタイミングとか意識してなかった。

今日も回れ右の記事デスヨー

 

ドクトル・ジバゴ 理事主演

 

理事は固定ファンいるもんねー。
そりゃレジェンドだからなー。

 

前の双頭の鷲も見に行ったけど、やっぱり理事は凄いなー!と迫力に圧倒されたので、出来れば今回も観たいと思ってるんだけどね。

双頭の鷲 感想 理事とみりおんとずんそらを観に

双頭の鷲 感想 理事とみりおんとずんそらを観に

双頭の鷲の感想です。双頭の鷲、パウホール見に行ってきました。一言で評するなら、よく練られたSadstory最後の5分が盛り上がる異様。歌劇というより、今日はお芝

投稿 2016/11/29

 

いや、正直あのお歳であのクオリティを保つのはやはり凄いと思う。

歌とか声とか凄いよね。さりげない仕草も格好いいし。

 

理事となると、気になるのは当然、誰が相手役なのか?と言うこと。

 

うーん・・・やっぱりくらっち??

 

ほら、試金石だからね・・将来の為の・・・。

 

帝王教育ならぬ帝娘教育的な。

いや、普通に王妃教育というのかな?

 

それとも若手からグッと驚く抜擢はあるのだろうか。

 

星娘の路線は言っても大して詳しくないのでにわかに語るのは忍びない感じ^^;

 

理事 with モブの図式もあるかなと思ったけど、ドクトル・ジバゴ自体がお話として相手娘役にララが必要なので絶対に相手役いるしね。

 

そのあたり、ひとまず配役発表を待つ方向で。

 

肝心な演目なんだけれども、ここのところロシアの匂い()続き。

ドクトル・ジバゴ自体はかつて世界史選択だった管理人は、”ノーベル賞を一方的に押しつけられた作品”くらいの、テストに出ますよ程度しか知らない。

 

なので、まったく興味もなければ内容が1mmも分からないので、これから予習しなきゃなー、と思っているところ。

 

昔覚えた知識をアテに検索して歴史背景は思い出す感じだからね、まぁ大体ハプスブルク600年の歴史近辺を抑えときゃへーきへーきの精神だけど。

※ 但しヅカに限る

 

 

うたかたの恋 がまた

 

うたかたの恋はテルみり以来だったよね。

 

そして中日劇場改装のラストを飾る作品が決定しましたとさ。

柴田せんせ相変わらずのクズ男描写の美しさ+昭和感漂うナンバー・・・

 

あれ、どこかで観たような、ハテ(´・ω・)?

 

あ。

 

ですよね。

恋して 恋して 恋してしまったーーーーーきみにーーーーーーー

 

※ 恋してしまったのだーーーーーきみにーーーーと何回聞いても脳内でコーラスが補完されてしまう・・・

 

良い歌で聞いた。うん、ついこの前。

 

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 感想 新生雪組もイイね!

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 感想 新生雪組もイイね!

琥珀色の雨にぬれてDramaticS!梅芸で見て来ました。そんな興奮冷めやらぬ観劇の感想を。新生雪組、どうなっているかかなり不安と期待の入り混じる状態だったんだ

投稿 2017/08/28

 

既に微妙な既視感。

 

ほんとでも、仮面のロマネスクもそうだし、琥珀色の雨にぬれてもそうだし、一定の演目人気が根強くあるのと、やはり宝塚にマッチする美しさと若干のドロドロ感と。

 

こういうのが没非日常なんでしょうなぁ。

 

恋愛物全く興味ない管理人みたいな男から見ると、少しずれたら ( ̄д ̄) ほーん、で? となってしまう危険が孕む演目でもあります。

 

でこれまた、まぁ大体ハプスブルク600年の歴史近辺を抑えときゃへーきへーきの精神が適用されてなんとかなるという汎用性の高さ!

 

ご存じ?マイヤーリンクですわね。

 

クロード・アネ原作の小説。

 

まぁ、今更歴史の話も何なので、以前にエリザの時に書いたこちらの最後の方でもお暇ならお読み頂くとして・・

 

闇が広がる エリザベート 個人ベストランキング

闇が広がる エリザベート 個人ベストランキング

エリザベートは本当に演目として、単独で演目ファンがつくほど人気ですよね。輸入したイケコ先生すごい!本場はwikiに書いてある通りエリーザベトだけどね。歌曲も良い

投稿 2016/10/10

 

マイヤーリンクの狩猟の館(城)です。

 

マイヤーリンク

出展 オーストリア国立図書館

 

ここでルドルフはベルギー皇女と結婚してたのに、マリー=ベッツェラを連れて行って心中した?でござるねー。誰得?この画像。

 

でも、本当に心中かはわからんけど、葬儀認められてるし。

 

ってか、物語的に一応心中しておいた事にしよう。

 

管理人、その昔フランス語選択だったから、ドイツ語はそもそもアルファベット的な物から全くわからないんだけど、このあたりとか直筆の手紙っぽいね。

 

他にも検索すると色々出てくる出てくる。ってか写真残っているもんなんだね。

 

マイヤーリンク狩猟城

 

こちらもマイヤーリンクの旧狩猟の館ですね。

 

出典 オーストリア国立図書館

 

凄くのどかで良いところそう。

 

で、

 

おそらく大勢の方にはそんなことどうでも良くて、べにことあーちゃんでどうなのか?という所だと思うんだけど・・・

 

いや、べにこもキラキラだし、あーちゃんも可愛いと思うので合ってるんじゃないですかね。演目的にも。

 

・・悪いクセさえ出無ければ。

 

悪い癖・・・

 

・・というか主に管理人の想像の中で。

 

べにことマギーはもはや、見てて何かやってくれる期待感で見てしまうコメディエンヌとしてしか見れなくなってきた管理人の昨今。

 

何度も最近某掲示板を引き合いに出して申し訳ないのですが、

 

開幕一番のアレ

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

↑ コレ見た瞬間に吹きかけて唇かんだ。

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

同じく脳内でべにこが思いっきり台詞言ってた。

・・・そして・・・

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

べにこならアドリブで とか想像した瞬間に腹筋崩壊した。

誰だこのクリエイティブの高さ。

 

で、みてたらさ。

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

脳内で変換されるこの悲しさwww

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

ほんとね・・・なんで分かるんだろ。

そして、

 

うたかたの恋 マイヤーリンク

 

・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

とか見てて笑ってたら、気づけばおくさまの非常に冷たいまなざしが横から突き刺さっていたでござる。

 

も一回誰かのうたかたの恋見てこよーっと。