この記事は約 4 分で読めます

ハンナのお花屋さんの配役を観て と ちぎ始動

ハンナのお花屋さんの配役が発表されましたねー。

画像出典 宝塚歌劇団

花組ファンは固定で多いのでやはり期待の持たれる方も多いでしょうし、裏のはいからさんなんかチケ難確実でしょう・・汗

おくさまはチケット既に確保してるみたいですが・・・

さてさて、今回は植田せんせの新作書き下ろしなんですが、どうなんでしょうかねっと。

制作発表会を見る限り、服装と雰囲気は凄く明るくて良い感じ。

みりおもお花大好きって言ってたし、ゆきちゃんとのハートウォーミング話はちょっとほっこり(*`・ω・)で期待できそう。

うん・・・雰囲気はできそう。

で。

花組公演 『ハンナのお花屋さん —Hanna’s Florist—』

画像出典 宝塚歌劇団

ハンナのお花屋さん のハンナが舞空さんだもんね。

ぐいっと来たよ、キタこれ。ってか早っ!!!

まぁ、順調にいけば約束された娘1ですんでね・・

さぁて、物語的には、アベルのキキソフィアのあかりさんが夫婦なんだけど、アベルがハンナのひっとんはっけよいのこったな感じで主人公クリスのみりおががっぷり四つになった、と言うことで宜しいでしょうか。

 

美しい世界の割には結構訳あり多いよね、客観的に観ると。

 

で、クリスが、本当の幸せ、人生の豊かさを問いかけるというお話。これは作品解説通り。

まぁ、ほら、BtoCで質を求めて地元に根付いた形にしたいか、BtoBみたいに量を求めてビジネスとして追求したいか?というのは、どんな経済行為でも上手くいっていれば、どこかで分岐点が来てしまって、必ずどちらかを選択しなければいけないもの。

とか、そういう話なのかね??

 

ご近所の人や百貨店営業とかの役を観て適当に想像してみた。うん。

 

あかりさんの役のソフィアというと、なんとなく銀行家の娘というとこからベネチアとかの流れのイタリア系を想定かな?

東欧出身だとソフィアじゃ無くてサフィエだもんね。まぁいいや。

うえだせんせの世界観で、どのようなお話で、どんな結末を持ってハートウォーミングな話にしてくれるのかとても楽しみではあるよねー。

 

植田せんせ、ニューヨークやロンドンにも留学に行ってたという程のインテリ。

でも、なぜロンドンを選んだんだろ。

 

設定、そこにも意味あるのかな。

管理人も仕事兼でロンドンほっつき歩いたことあって結構一通り町中tubeとバスも使って踏破してみた派なんだけど、花屋・・そんなに無いよね。

有名なコベントガーデンですら・・・郊外のグラウンドワークとかでわざと花畑にしていたり、ガーデニング好きなおうちは極端かな、という感じ。

まぁそんなの東京でも花屋そんなに無いし、設定の一つ一つに意味があるのか、それとも雰囲気ゲーか。

 

で、なんだけど、ここからは黒おっさんパンダ管理人。

上からなのはもうそんなの個人的なblogなので、すいません。ほんとすいません。

 

うえだせんせはクリエイティビティ云々の話として、クリエイターを自称されているものの、一本筋が通っているか、と言われると、実は、管理人はちょっとこれまでの作品観て伝わってない。

これは個人的な好みの話だと思う。

美的感覚の雰囲気ゲーが多い気がして、テーマとして何?とかお芝居を観てこれ!と心に残したいものとか、ちょっと見えにくい・・と思っててね。

 

いや、もちろん完成の話で管理人は繊細ではないのが原因だし、マジョリティな人間でもないので。

なので、今回は製作発表会を観て、みりおとゆきちゃんの今風の雰囲気、お花屋さんという綺麗な世界、そんな部分を観てほんわかするのかなー、と想像している。

なので、それをひっくり返す面白さを期待してるので、それはそれで植田せんせのお話も楽しみ。

 

東京のお花屋さんで思い出した。

管理人、大学時代に昔、歌舞伎町でケーキ屋でバイトしてたんですわー。

でね、当然、夜のおねーさんたちに送ったり送られたりのための花屋さんがあるわけですよ。

軽トラで来てコマ劇の裏の花道とかにも夜になると出張花屋さんとか居たわけですよ。

 

でさ、知っている人はしってると思うんだけど、花屋って利益率めっちゃ高いのね。

なぜって・・

 

あ、興味あります?

 

美しいのとちょっと違うから興味ないすよね^^;

また機会があれば。

 

 

ちぎ始動

昨日、琥珀色の雨にぬれて DramaricS!!を観に梅芸行ったんすけどー・・・

あ、感想はこちらで。

琥珀色の雨にぬれて DramaticS! 感想 新生雪組もイイね!

例の如くリーフレットの束が席に置いてあるじゃないですか?いつもながらほんと資源のムダ遣い

で、そのパンフ束の中にはこの前まで見慣れた顔がっ!

早霧せいな

 

早霧せいな

 

早霧せいな

 

そうそう、ショーに出るというのはInstaだか何かで発表してたと思うんだけれどさ。

そのリーフレットが既にあるんすね・・いや、時期的に無いとまずいんだけど、なんだかここまで前面に押し出して宣伝しているのは、やはり属性を観てリーフレット束を作っているのだろうか、というね。

いやぁ、やっぱりさー、興味あるのって管理人はライト層だと思うので、あくまで「ヅカ」なんだよね。

ちぎみゆは好きだけど、男の人たちと一緒に出るショーとかは全く興味が無くてね・・・

ヅカでさえコンサート系のショーはちょっとなんだかなんだかで、この前のまぁコンでとどめを刺された感があってね・・

いや、まぁくん好きだから良いんだけどね。。。。

 

同じく演目が好きなのは好きなんだけど、同様の理由で、日生エリザやACTスカピンとかもあまり興味が無い。

とうこマルとかゲシュタルト崩壊する。

ひとかけらの勇気とか、あなたが初演するのにフランク=ワイルドホーンがわざわざ書き下ろしたんじゃ無い!と突っ込んでしまう。

いや、勿論それなりの良さがあるし、迫力があるのは分かるよ。でも、なんだかなぁ・・美しくない・・というか・・ある意味管理人の夢の世界ではコレジャナイ感にあふれている気がして、遠慮。

うん、ただそれだけ。