この記事は約 6 分で読めます

ベルリン、我が愛の人物相関図 発表といまさらスタカレ

ベルリン、我が愛の人物相関図の発表がありましたねー。

画像出典 宝塚歌劇団

なんだか今日はダラダラとお知らせがあった気が。

今日のお知らせでベルリン、我が愛の人物相関図が発表されたけど、いや、意外と込み入った話な気がするものの1幕だからなぁ・・。

結局のところ、結構はしょってしまうか、かなり厳選した1チャンの1シーンを切り取る感じではなかろうか。

原田せんせは美的センスがありそうなので、話を美しくもってくのだろうか・・としてね。

そうだとしたら、ストーリー的な結末はどうなるんだろ。

 

キャラとしては、

主人公のテオは映画の助監督。
ヒロインのジルはその映画に出る女優・役者。

2番手役のエーリッヒはテオの友人なのね。
しかも絵本作家・・・どんなんだろ・・・

エーリッヒの恋人がくらっちのルイーゼロッテ。
順調な出世ですなぁ・・

 

とりあえず1919年が第一次世界大戦勃発だっけ?

もう世界史も結構うろ覚えでして・・・時代背景もよくわからないけどさ。

 

おそらくナチスが映画をプロパガンダとして利用するのに苦悩しながら(解説まんまやん)テオが映画作品を作ってカタルシスという話なんだろうけど、なんかそんな事は人物相関図見るとみんなすぐわかる気がするもの。

問題は、原田先生ってsadend派なのだろうか、Happyend派なのだろうか。

それによるよねー。

 

エーリッヒの描く夢のある物語を映画で撮るか公開するのがラストで、それが希望に向くけど現実は悲劇的なのか、それとも、まんまHappyendで政権には負けない!クリエイターは強いんだ!というような話になるのかって感じかな?

いや、ラブストーリーか。一番苦手なので全くわからんや。

 

ニジンスキー、春雷、アルカポネ、リンカーン、瑠璃色とかの作品を見るに、やっぱり原田せんせには美学がある気がしますわ。

最後の結末は悲劇なんだけど、美しくまとめ上げる的な感じが多い気がする。
ニジンスキーとかアルカポネなんかまんまそのパターンよね。

 

史実での悲劇としての伝記を、人間味溢れる苦悩や葛藤を描きつつ、美しく表現して終わる。

実際はニジンスキーも精神病院の人体実験で廃人コースだし、アルカポネも囚人として梅毒による痴呆であうあうあーなわけだし、リンカーンは物理()でアレな訳だし、史実は悲劇で美しくないからね。

・・・というところで、どんなとこに葛藤を描きつつ美しく切り取ってくれるのか楽しみ!

 

とはいえ、今回はオリジナルもので、参照史実はないのかな。

しかも、「運命的なラブロマンス」と明言している訳だから、HappyEndを期待。

痛快なコメディ・活劇という感じではないけどね・・

 

まさか、最後2人でサウンドオブミュージックみたいに亡命して

こんなノリならそれはそれでべにこっぽいけど・・・

 

さておきキャラクター見てると、

ナチスのゲッペルスが久しぶりの特出となる気がするカチャ。

将校役が多いし似合うからそれはいっか。

銀英伝の時のカチャがなんとなく思い浮かぶ・・・

 

れんた、まいける、まおゆうあたりは会社内の敵対派閥役。

このあたり会社の存続をかけてのやりとりはありそうね。

言論統制なんかも出てくる時代、伸るか反るかな話は想像できる。

 

ジルと同じくくりの女優ジョセフィン・ベイカーは花道のちひろさん(夏樹れい)

宝塚みてるとジョセフィン・ベイカーとかセルゲイとか、特定の人がよく聞く名前になるのは何故(笑)

 

あと気になるのはポコが既に2つ役があってどちらが本でどちらがバイトかわからないという。

ゲッペルスの部下とテオの同僚の映画監督。

なんじゃこりゃ、だいぶ違うよね。ひとまず楽しみ、うん。

 

スターカレンダーがいつの間に・・・

まずはコピペの16名

(専科)轟悠
(花組)明日海りお・仙名彩世・柚香光
(月組)珠城りょう・愛希れいか・美弥るりか
(雪組)望海風斗・真彩希帆・彩風咲奈
(星組)紅ゆずる・綺咲愛里・礼真琴
(宙組)真風涼帆・星風まどか・芹香斗亜

キキを気が早く宙に移動させときました。

そうそう、キキねー、びっくりしたねー。もう随分前だけど。

 

組み替え発表の2・3日前から入り出待ちの人が「なんだかキキの表情が暗い」と言ってた・・というのを見た。

よく見てるね、さすが・・^^;という話も出てたけどさ。

 

花でのあの3人のバランスは好きだった派なので、ちょっとそれはそれで寂しいんだ。

宙の方が身長は映えるし、確かにキャラ単体で見ては合っている気はするんだけど、花でそのまま上げないという劇団の意思の表れだとしたら旗艦としてのイメージではないという宣告なのかな・・

なんか、お茶会でもがっかりみたいなムードを本人自体が言っていたという話もあるし(Yahoo知恵袋より)てか、お茶会の話って、こんなとこでしていいんだっけ?

 

さておき、キキも人見知りな感じなのがオーラでわかるよね。

たそやあかさん、くみさんとかの技巧派のお友達から今度は仲良し愛ちゃんが同組。

寂しがりやっぽい愛ちゃんにとってもいいのか悪いのか・・・

この辺りはまぁ、人事については特に何もいわない方向性なので、やいのやいのみんなが言っているを見て、ほぅほぅとなるほどと見ている派ですわ。

でも、このキキの移動で大分読みは変わった事は確かよね。

 

個人的にはそろそろ疲れ過ぎたみりおが危うくなって、みやちゃん花落下傘、キキ足ぶみじゃないの?・・とか思ってたクチなんですわ。

 

先日キキちゃん(芹香斗亜)の組替えが発表になりました。私も彼女と同じくらいの学年で組替えして気持ちもわかる部分があるので、この報告をしてくれたときに2人でいろいろと話しました。キキちゃんが2番手羽根を背負ったころのことを振り返ってみると、いまではすごく息が合ってきて、頼もしい存在になってくれました。とても寂しいですが、キキちゃん自身の次のステップへのいいエネルギーにして欲しいです。

※このメッセージは、7/20(木)に届いたものです。

出典 (SMBCカード) 明日海りおコーナー
https://www.smbc-card.com/mem/service/le/takarazuka/asumi/message.html

 

きっとキキにとってはご栄転で宙でのトップなのかな?という感じ。
愛ちゃんはキタロウさん的なポジなのかな?

いや、ぜんぜんわからないからね。

 

・・・んで、後は、VISAとの契約がみりおが2年更新されたという、どこ情報?というのを聞いたものの、その裏が取れてないんだよね。

普通その生徒の退団までという個人との契約だと思ってたからさ。

年単位での契約とかありうるのかな?というのがわからない。

 

けど、それが本当だとすると、みりおは長期政権なので、花トップは2年先延ばしで、うわさのバックのついたカレーがポジ的には2番手に上がりつつ・・なのかな??

まぁ、でも2年後にトップ張れるか・・というとそれもそれなので・・うーん。。。

最近歌も頑張ってるけどねー。

みりおはゆきちゃんとのコンビになって、生真面目な追い込み方から、少し力が抜けてさ、お互いに頼れるいい感じのコンビになったんじゃないかなぁ。

ほんと微笑ましいからいいね。

ゆきちゃんのほわほわ感は個人的にもやっぱり好きだけどね。

 

・・・となると、たまきち・ちゃぴの去就が気になるとこなんだよね。

これまた噂ベースで、たまきちが早く実は辞めたがってたからトップとして先に就任させたという、誰、どこの情報?というのがありましてね・・

あの若さでド短期とかありえるのかと思いつつも、みやちゃんをわざわざ据えている事を考えると、若いトップのサポート以外にも何か裏がありそうで・・汗

 

うん、人事系はほんとわからん。

 

となると、みやちゃんは月で昇格もありうるという話なんだよね。

れいこを下にしてかー。

 

うーん・・・でも花はもう一人挟みたくないのかなぁ??

直カレー2番手って・・・ま。色々きっとあるんだね!

まこっつぁんもいつのまにか2番手定着だしね。

まぁ、おかしくはないのか。

気づけば咲ちゃんも順当にスターカレンダー初登場。

 

うん、というわけで95も順当にスタカレに載る時代になってきたという話ですわね。

 

いやー、うちは買っても飾る場所をかなり考えるようなんだよなー。

もちろん、適当な噂話ベースなんでチラ裏なのでね、念のため。

後はスタカレは前半の月に誰がくるかよね・・・ゴクリ・・