この記事は約 7 分で読めます

ちぎみゆの星影の人を見返して

ちぎみゆの星影の人をオンデマンドで見ましたよ。

ええ、楽天ショータイムですが。

 

博多座のとこの収録だったけれどね。

やっぱりちぎみゆはいいよ、凄くいいよ。

 

でもね・・・

 

星影の人のキャストの感想

 

去年のはずなのに、なぜか、みんな凄く若く感じてしまう不思議。

ちぎもまだ、やつれてなくて麗しい。

 

そしてゆうみちゃんも生体反応がある感じ。

ケイレブの途中までと違って、生き生きしている感じがするんだよね。

 

まぁ、トップコンビが2人とも九州出身だから、なんとなくホーム感があったのかもしれない。この2人の出来は凄く良かった。

 

逆に、その他のキャストがなんだか目立たなくてね。

 

やっぱり、全体で見れば和物の雪という感じで似合うし、小慣れている感もあるんだけれど、うーん。

良かったのはやっぱりトップの2人がダントツで目立っている形だったからな気がする。

 

これは、物語の作りと演出にも問題があるのかもしれない。

 

かといっても再演ものだし、評価もそこそこ良かったはずなんだけどな。

今更管理人が文句つけるようなものではない筈なんだけど・・・

 

 

ちぎ

 

麗しくて、役所も似合ってた。

偉そうなトップではなく、へこへこしつつも、仕事人という感じが出ていて、沖田総司の感じにぴったり。

 

ほんと、剣の強い高校生って感じ。

 

イメージ通りの美形で背も大きすぎず、セリフの『人よりちょっとすばしっこいだけなんですよ?』な感じでそれも良かった。

 

謙虚なお芝居と性格の沖田を演じていて、ご隠居さんにお茶を差し出して、『これでも、よく働く隊員のつもりなんですよ?』という優しいセリフがまた似合うんだ。

 

その一方で、『・・今日の私は、強いですよ・・』と抜刀するところとかもカッコいいんだ。そして、肺結核を病むのもまた似合う。

 

まわりの女がかっこいいと噂をするのも、あれならわかるわ。美形だし。

なんかね、ずるい。

 

 

 

ゆうみちゃん

 

間違いなく、このお芝居のMVP。

星影の人はゆうみちゃんを見るためだけにあるようなもんだ。

 

まだ天才娘役の面影が残っていて、仕草と京言葉、歌が異次元に他のキャストに比べるとと抜けているし、見せ所も多い。

 

”面影”と云ったのは、やっぱりそう感じてしまったところは残念なんだよね。

 

別に、今でも勿論、憑依系のお芝居でさ、凄く役どころの心情を汲み取っての所作や表情も素敵なんだけど、この時の歌の質は違う。

 

本当に、この時の京言葉、しぐさやお芝居を見ながら歌を聴いていると、どうしてもケイレブの時の途中までを見てたら同じ人とは思えないくらいの違いがあるように感じてね。

 

あ、歌だけでこんなに伝わるんだな、というのがわかるんだよ。

ピークパフォーマンスのゆうみちゃんは本当に凄いなぁ、と。

 

それだけに、 ”ちぎに合わせて下手になった” ”昔の方がうまかった” という人がいるのも実は少し心情がわかってしまう節はあってね。

 

これ、ゆうみちゃんを見るのに見返してしまう。

 

 

その他キャスト

 

実はそれ以外は今回、”その他” でくくれてしまう存在感の無さになってしまっていて、それぞれのキャストの良さがあまり目立たないんだな。

 

もちろん短いのもあるし、仕方ないんだけれども。

 

例えば、土方さんちのみつるくん。名前は華形だけど華はない。もちろん無難なお芝居で演技力は問題ナッシングの大先輩。でも、特に言及するほど良さが時間内に掘り出せなかった。

 

ごめん、あくまで個人的な感想だからさ。

 

きっと女性は ”男らしい”、という感じでのかっこよさに魅力を受けるタイプだと思う。

これは系統的に括ると、咲ちゃんも同系統だと個人的には思うんだよね。

 

でも、マジモンの性別男から見ると、”可愛い子が頑張って男ぶっているだけ” な感じに見えてしまうんだな。もちろんカッコよさはわかるよ!

 

あと、近藤さんのにわにわ。

 

もうね、人数が少ないから刺客としてバイトでも出て来るじゃない?にわにわクラスになると、モブなのに目立ってしょうがないんだ。

 

近藤さんそこでなにやってんすかwwww みたいな感じになるから。マジヤメテ。

 

星影の人

後、殺陣で威嚇しているポーズを、黒燕尾の時の横揺れみたいにするのやめて。

完全に笑わせに来てるんだと思ったよ。

 

刺客相手に ”こいよベネット・・” のつもりなのかもしれないけど、まずは、剣持ってるんだから、剣で威嚇しようよ。それ、反則。

 

下手すると、アリクイが追い詰められて威嚇しているようにしか見えないから。

 

組長は綺麗なのにおばあさんの役が似合いすぎて怖い。

 

きんぐは、まぁ相変わらずいやらしい感じがいい味だしてたけど、基本やっぱり悪役で良さが活きるからなぁ。

 

レオくんが若い志士の役で、なんだか随分と可愛いことしてんな、という感じ。

 

咲ちゃんは小五郎に見えん。

なんだろう、キャストとしてもっと違う方が良かったと思ったなぁ。

 

翔ちゃんは、この時は特に和な感じの新撰組の服が似合わないんだよね・・・。

 

まだこの時は『○▲×●◆▽なんですけどねぇー↑』ってセリフを言うと、声量と低い声が出ないもんだから、上滑りしちゃって棒になっちゃう。

 

ただ、お芝居は新撰組総長の山南敬助として、最期の場面とか凄く運命を受け入れるか受け入れないかの感じが出てて、良かったけどさ。ヴィジュアルはいつもどおり美形ですし、ええ。

 

大ちゃんは鬼コーチな感じでしごきっぷりが良かった。

大きいし目立つね。まさに新撰組の先輩という感じが出てた。

 

後、この時のりさちゃんは、ゆうみちゃんに付き添ってる仕込みっ子だけど、この時くらいのお芝居で良かったのに・・・。

 

レイラまではっちゃけると、まだちょっと、りさちゃん自体の良さが引き出せてない気がするのに無理してる感がある。

基礎やベースあっての応用だけど、悩んで悩んで違う方向に行ってしまった気がしてならない。

 

あとは、まからやまちくんなどの若い志士を見て、お芝居での新入生のほっこりした感じを愛でるくらいかなー。

 

リーシャの医者は、ウェービーな髪のケイレブの修理屋を見てから見ると、違和感を感じる(笑

『死期?それはお好みですからぁ〜』とかいいながらボッシュートで消えていきそう。

 

リーシャの娘のあゆみさんはハキハキとしていて相変わらず真面目そうです。

 

あんり?まるい。

 

 

星影の人のストーリーの感想

 

これ、沖田総司の方が死にそうで最期まで死なない割には、ゆうみちゃんの玉勇がとばっちりでかばう形で死んでSadend。

 

悲しいのはそうなんだけど、

同時に伏線もないので、えええ? となる。

 

そこで話が終わってしまうという、流れだけ切り取って云ってしまえば、”どうしようもないストーリー” なんだよね・・・

 

沖田総司の青春を描くという話の流れと形なんだろうけど、もちろん、サブタイにもそうやって入っているけどさ。

 

うーん、心情的には沖田と玉勇の心の描写を読み取るだけの物語で2人の関係がメインに映し出される形を意図するのであれば、それなら、もう少し切り口があったように感じる。

 

どっちにも振れなかったのは中途半端かなぁ。

 

その割には、この2人に物語をフォーカスしすぎただけに、ほとんどそれ以外がモブになってしまっているよね。それが凄く勿体無く感じた。

 

多分これは本当にその場で見ていないと、ストーリー自体の良さが全く伝わらない。

これの良さを感じるために必要なのは、間違いなく完璧な臨場感ですわ。

 

この手のやつは、動画で見たら”つまらん”で終わってしまう。

両面から見て面白く見せるのってこれは難しいよなぁ・・・

 

もう、その場で見ていないのが敗因なんだから。

 

例えばね、読み取ろうと思えば、あのゆうみちゃんの芝居と歌だからメッチャ感動してたと思うの。

 

心情もそこにいて感じていると、読み取れる物が絶対に違うよ。

 

あんないい人がどうして・・といって心の中で玉勇が慟哭する様。

 

ゆうみちゃんの説得にもかかわらず、新撰組隊士として残りの時間を使うと言う反面で、残りの2年間一緒に生きて欲しいと願う、沖田の素直さと弱さ。

 

そして、最期の玉勇が沖田の腕の中で事切れる場面。

その時のセリフも、きっとその場にいたら泣いてるんじゃないかなぁ。

 

さらにその後の、沖田が何を見出して行くのかエピローグの歌。

 

喪失感と、無情さと、生きる決意と、いろいろな感情が入り混じっての感情を整理しつつある中での幕切れ。

 

ある意味、その後の余韻を観客に任せてしまっている部分が、もう実際に見た人でないといけない部分でもあるわね。

 

動画で見てたら、中に入ったつもりで想像しなけりゃわからないもん、こういったのは。

 

 

ちぎみゆの星影の人を見返してまとめ

 

これは、実際に全ツ見に云った人が思い出して浸る系のシリーズですな。

ほんと間違いない。

 

きっと一度でもその場に行っていたら、リピートをしているだろうな。

ゆうみちゃんが凄いもん、これ。

 

でも、ただ見ているだけなら、感想だけで言うと、アルカボネの方を見に行くことを優先してしまう可能性がある。

 

そのくらい差が出る作品だと思う。

こういう系のものは、やっぱりお芝居は生で見てナンボなんだと思いますわ。

 

あぁ、でもやっぱり、卒業が決まってしまうと悲しいよね。

ちぎみゆの人気はやっぱり凄い物があるからなぁ・・・

 

関係ないですが、いやぁ、朝はやっぱり月の新人公演をe+で結構頑張ってクリックしてたんですが、1分で敗北確定しましたねー。

 

10時前からクリックしてて、10時1分になる前にようやくつながった時には既に売り切れてたからなぁ。勢いの凄さを感じました(笑

 

『ガード付きなら確実に回せるけど』というありがたいお言葉もまた賜りましたが、さすがにおっさんがガードしてたら目立つ上に美しくないじゃん。

 

生徒さんも慣れてるとは思うけど、ギョッとすると思うの。

まぁんなもの見てないし、気にしない程度の存在ならいいけど、迷惑かかってもねぇ・・

 

まぁ毎回云っている通り。