この記事は約 4 分で読めます

Brilliant Dreams +NEXT 「SAGIRI」スペシャル・イベント

探偵SAGIRIとはまた懐かしいものを・・・・

 

いや、ついついまたも楽天ショータイムの回し者みたいになっているが見てしまった。

これ、宝塚Vegaホールだったのね。

宝塚ってより、阪急宝塚線で一つ前の清荒神のお寺反対側のところよね。

お芝居でもショーでもなく・・

 

収録が2012だったので、見た時に「そんなに前だったのかー」と思うと同時に、最近になってSAGIRIを一気見したので、それはそれで面白かった。

 

まだ、ちぎが2番手で中学生伸び盛りの頃だもんね。
みんなトップになると、やっぱり痩せてくのはスターならではのストレスからか・・苦労からか・・・

 

だってショーもお芝居もトップは一人出ずっぱりだもんね。

その練習と稽古の大変さたるや言うまでもないとはもちろん思うよ。

 

後は、物理的に歳だよね。

 

女性は二十歳くらいが一番丸くて、その後痩せてくるから、もともと男役で美形の人は研10代半ばを過ぎるとどうしても顔もやせてきちゃう。

 

女役のジェンヌもドンドンとかわいい系から綺麗系になってっちゃうもんね。

女役の人はまた化粧映えとかそういう別の要素も入ってくるけど^^;

 

特にジェンヌさんで運動苦手な人なんかいないと思うから、体育会系女子な感じの人はホント如実にだよね。
1月カレンダーなちぎもお疲れラッシュっぽくて最近痩せてるように見えて、特に応援したくなるわ。ほんと頑張って欲しい。

 

今回、見た感じ、特に目立って、ホタテマンと咲ちゃんが丸いそして若い(笑

数年で結構違うなぁ〜!という印象。

 

 

企画物も面白いね

 

スカステに入ってないんだけど、ちょっと色々と見だすとやっぱり入ったほうが観れるの多いなぁ、と思ったり。

 

まぁ、ほら、身分的にそんなにのんべんだらりと神々の遊びをしている暇は無いので、B席でもダッシュで行ってその日見れたら、その時間だけ見る!

 

・・・というスタンスのほうが、生活にメリハリがつくかなぁ、と思っているんだけどね。

 

暇を持て余した神々のマダム達がうらやましいです^^; それはそれで怖いけど。

 

探偵SAGIRIは30分程度の話だから、全話ギャグ色のほうが強い展開なんだけど、いろんな人が出て面白い。

 

ともみんとか、まっつとか、キム、きんぐ+しょこら とかも出てたしね。
がおり、だいちゃん、みみちゃんも。

 

翔ちゃんも、時代劇の回に出て殺陣というか刀初めて!とか言ってて初々しいので、ファン目線で見ると、ウフフってなると思う。

 

にしても原案として話を全部きゃぴさん書いてるんだけど、早花まこって田雙出身なのよね・・。あまりそう見えなくて(超失礼 あー、そなんだ、と思った。

 

あそこって確か、演劇部でエリザやったりとかいろいろやってるし、超お嬢様学校でジェンヌも元々多いから、そういうシナリオライティングや脚本作りとかもやってたのかなー、と勝手に思った。

マルチタレントさが目立って、また一つ魅力がわかりましたわ。さすが上級生。
ちぎも「ドラマやりたい」「河原走りたい」という謎の要望から始まったと言っていたけど、ちゃんと形にしてくれる人が周りにいるのは幸せだね。

 

ゆうみちゃんを嫁にした事や、今のメンツや状況も見ると、周りの人を掴む”引き” をちぎは間違いなくもってると思うんだわ。

 

 

探偵SAGIRIスペシャルイベント

 

gdgdな感じの進行具合がまたね(笑
ファンイベントという感じで、時間的に長くは無いんだけど、プレゼント企画があったり、急に歌ったり踊ったりする場面を、生暖かい目で見守れる感じ。

 

ちぎがその場で外したネクタイをプレゼントでもらった人はどうしたんだろうか・・・

 

基本的に、各回に出てきた出演者も加わって感想聞いたり小芝居があったりする感じだけど、今回はずっとマスター役で出てた奏野さんの渋さと落ち着き具合が非常に魅力的だったわ。

 

いい老け役とキャラで似合うなぁ〜という感じ。
絶対にお芝居にこの役柄は必要だからね、こういう役が上手な人は貴重だと思うわ。

 

あと、まだ大ちゃんがこの時、組替えすぐの時で、探偵SAGIRIには最終回に大ちゃんと咲ちゃんの刑事コンビで出てたのに、実は咲ちゃんは面識もそれほど、連絡先も知らなかったそうで、咲ちゃんが凄い恐れ多い感じで大ちゃんの事に触れてたのには素が見えて可愛いかった。

 

まぁ、最後の挨拶でホタテが涙ぐんだりしてたけど、すっかり今は女に戻って、また違う舞台や先生やってるしね。

ファンは去っていった人にもまた次のとこで頑張って欲しいと思うよね。
あまりにトップ役をみるのに慣れてしまうと、男役の人は番組で出てくると性転換したような感じに見えてしまうのがネックになるしねぇ。

 

ほんと、そういう点では芸能事務所に所属したら、マネージャや営業はイメージ戦略として結構緻密さが求められるんだろうなぁ、とか、思ったりした。

 

さて、次は何発掘して見るかなー。

 

ちなみに、中華サーバーだと無法地帯なので、昔のものも落ちてたり結構色々色々な色々なんだけど、それはね・・汗
中華圏でも宝塚はファンが多いんだなぁー、とは最近感じた次第。

 

個人的にツボったのは、まっつがスクリーンに出てきて、素の顔になって電話切った時と、後は探偵SAGIRIのテーマをみんなで歌ってた時に、みんながみんなgdgdで笑った。