この記事は約 7 分で読めます

雪組 GoldSparkでもまたみっちゃんを見た

GoldSparkはキムこと音月桂さんのさよなら公演のショーなんだよね。
例のごとく楽天ショータイムで東京千秋楽映像すわ。

 

雪組のJINの時のショーなんだよね。

 

このショーGoldsparkの何がいいって

 

このショーの何がいいかといえば、雪組のいつものアゲアゲな感じのショーというだけではなくて、もちろんキムの魅力たっぷり・・・だけでもなくて・・中学生のちぎがいる・・だけではなくて・・・

 

ほんと、いろいろあるんだけど、宝塚千秋楽終わって寂しいなぁ。。。

 

実は、みっちゃんと まっつ キム が同時に並んでるからなんだ、このショー。

 

キムがトップで、専科からみっちゃんで、まっつ3番手扱いね。
2番手はヅカの修造。

 

えりたその前も雪組はいいよなぁ・・
あ、壮さんを勝手にえりたそと個人的には呼んでます。

 

みっちゃんは相変わらず包容力ある深い歌声だし、まっつは男には無い男の色気があって歌も上手。キムはそれに加えて天性のものをもっているからね。

 

実は忘れている人・・もいるかもしれないけど、この3人は3人とも同期です。

 

えーー!!管理人は忘れてたよ。

 

後、スプーで有名な画伯のしょうこおねぇさんも同期なのよね。

みっちゃんと同期で同時退団のさやかさんもいるし、改めて見ると娘1も数人いたし、この期もとんでもない期だね。

 

しょうこおねぇさんで言えば、伝説のエトワールは何度見ても笑えるわ。
なんで笑えるか、と言えば、歌がすごすぎるから。

 

感情を超越した感動というか、笑えるという稀有な存在。

 

しかも、笑いながら背筋がゾクッとするんだ、凄くて、本当に。

あんな経験あまりできないよ。

 

やっぱり検索すると、実際に生で見てた人はあのエトワールだけで泣いてる人がたくさんいるんだ。管理人は生ではみれてないんだけどね。
でも、多分あの場にいたら間違い無く管理人は笑ってたわ。

 

ニコニコやyoutubeでほんと見て欲しい。

でも、弾幕があるからニコニコがオススメ。

 

エトワールの動画は多くないからすぐにわかると思うんだけど、最初からはじまって村の千秋楽と東京の千秋楽とLV1から始まって、素人耳にもわかるくらい歌がレベルアップしていって、弾幕で最後

 

”千琴ひめか LV99” 

 

が流れて来て笑った、ほんと。

 

あれだけ同内容でやっぱり3ヶ月近く唄い続けていると、上手い人でも歌い込まれて如実にさらにうまくなるもんなんだね・・というのがほんとよくわかる。さすが初日は公開舞台稽古とよばれているだけある

 

さておき、歌うま3人同期でならんだショー(+修造)見れるのは幸せやー!!

それだけでも眼福というか耳が幸せなんですのよ。

 

それにしても、キムは本当に短期政権だったのが勿体なかったね。 もちろん、あの事件からミソがついたと言われているけど、本当のことなんて誰にもわからないからねぇ。

 

美海ちゃんとメモ華ちゃんのダブルヒロインっしょっぱなからてそりゃ、当時のファンも心情的にどうのではなく、怒ったろうな。
今更蒸し返すつもりはないけど、メモ華ちゃんも凄く才能とセンスがあったから、本当に勿体ないと思ったよ・・・。

 

でも、秘蔵っ子のお披露目でここまで育ててきてそれをやるか・・というね。みんな思ったと思う・・
なぜ、ああなってしまったのか、誰も幸せになってないやんか。
ほんと劇団の対応や対処が悔やまれる。

 

まぁ、諸説というより、色々な意見もあるだろうから、あまりここではそれら系の事に触れるのはやめようかと思うけどね。
ともかく、ゆうみちゃんや次期星娘1を筆頭に現在頑張っているメンバーがいるんだから。

 

にしても、なかなかやっぱり3拍子揃ったスターって見ることは難しい。
ダンス・歌・ヴィジュアルこれらを全て兼ね備えるのは並大抵のことじゃないもんね。

うまい、とかきれい!というのはある意味贅沢な事をいえば、トップなんだから当たり前なんだ。

 

そこを突き抜けて、「すごい!」とか心にぐっとくるもの、感情を揺さぶられるものがあって初めて抜けたtalent、かつスターだと思うのです。
極めて贅沢な事いってるのは自分でもわかるけどね。

 

そもそもヴィジュアルなんか、天性のものだからどうにもならないし・・・、それこそ一種のgiftedですよ。

 

いじめられてた檀れいさんが、真琴つばささんに「歌やダンスは練習すれば上手くなるけど、美しいのはそれだけで才能なんだから自信もちなさい」という趣旨のことを言われて、励まされたのは有名だけど、ほんとそう思う。

 

大劇場で前に桜華に舞えを見た時にすれ違いに、「ふうちゃんは顔がイマイチだからねー」とか言いながら歩いてたマダム2人組にはまず、お前らはまず、その前に自分で鏡みてから物を言え、加えてワンダーコアでその腹凹ませてから来い・・・と言いたかった。

 

でも、そういうような人も残念ながら実在すると知った。

 

誰なら、いいんだよったく。
ふうちゃんの千秋楽のプリンセスぶりを見れームキー!!!!

 

美しくて夢のあること。

 

でも、その他の要素だって、考えればやっぱり歌も身体が楽器だから、少なからず壁は出てくる。声質も天性だからね。

 

ちぎの声もタニの歌も2周半回って大好物なんだけど、やっぱり超えられない壁ってあるじゃない。

 

ダンスだって、もちろん身体能力依存だから最後は壁が出てくる。
どれもそうなんだけどね。

 

そんな3拍子を持ってたスターがキムだったと思うんだけどなぁ。
そんな前VISAスター。

 

 

あれ?これ大分ショーのシーンが抜けてるやないかーい

 

楽天ショータイムのよく見て気づいたんだけど、これ、結構カットされてる部分があるなぁ。コマとか出てたはずなのにその部分まるまるカットされてたり、とか。
急にシーンが飛ぶところがあるんだよね。

 

まぁ、ただでさえ短いショーだったのに、なんでカットされてたんだか知らないけど、ショートバージョンでも十分キムがかっこよくてスターだったのがわかる。

 

メインの曲と歌は昭和を感じるんだけどね。

 

誰だ、涙腺がゴールドスパークとか上手い事言ってるのは。
まぁ、いきなりの退団はショックだったからね・・

 

ほんと、ゴールドの衣装でまさおばりにキラキラしながらみんな歌ってるのを見ると、ああ、やっぱりキムはスターだったんだよな・・というのを思い知らされる。

 

どのトップもトップとして良い点があるのは当たり前なんだけど、キムの場合は相当する人がいない感じがするんだよね。

 

次のえりたそは万能課長から部長のような管理職で綺麗で整ったトップ。
組子のバランスを考慮に入れた上でコントロールできる、人の活かし方が上手く、人を立てる事ができるトップという印象があったけど、やっぱりキムはスターなんだよなぁ。

 

率先して自分がキラキラする事で周りをついてこさせる何かをやっぱりもっていたと思うんだ。

 

このショーでもメインになって中央で踊ったり歌う姿はそれだけでサマになる。
中央でみんなが集まっていても、最もキレがいいダンスをしていて、かつ、ピシッと決めて目で訴える。

 

ジェンヌさんみんな上手な人たちだからさ、それをして何か抜けているのを感じるのはなかなかできない事だと思うんだ。それこそtalentedだよ。

何をやっていても自然と目がいくという感じのね。

 

ゲームで言えば、キムはパラメーターはダンス・歌・ヴィジュアル・そして隠しパラメーターのカリスマも高次元でステータスが調和がとれている感じ。

 

やっぱり、ダンス・歌・ヴィジュアルとかって抜けたパラメーターが目立つステータスになると、いくらパラメーターの数字が高くても、見た目や感じは、***に全振り、とかに見えてしまう。

 

誰だ、しょうこおねえさんの事を歌にステータス全振りとかいっているのは?
誰だ、ヴィジュアル全振りの女、うららとかいっているのは?池銀ぶつけて泣かすぞ?

 

だから高パラメーターでバランスさせる事というのが重要なんだと思う。

 

オルフェウスのシーンとか、ストーリーに魅入れるうまさがあるし・・まぁキムと美海ちゃんだけじゃなくて、みっちゃん、ちぎ、まっつとかもいるからだけどさ・・

 

RedBirdの場面とかも圧巻だよね。
みっちゃんの語りから始まって 「なにこれふるい」 みたいな感じがするところからの世界観ですよ。

 

よく考えたらロマンスもふぅちゃんの語りからでした・・・
みっちゃんはなぜか昭和が似合う・・

 

さておき、みんなでのダンスからの、死んで→生き返るというあるあるパターンですよ。でも、その時の歌の順番が美海ちゃん、ちぎ、みっちゃん、まっつと順番に来て燃えるんですよ。

 

ね。でその後盛り上がっていくダンス。
こういうベタな感じの展開が好き。

 

もちろん、その後のダンスもいいし、大階段で最後登場した時、若干キムが劇場を見まわした後、少し泣きそうになる表情とかグッときますよ。

 

最初に降りてくる彩彩、がおりがまだ丸く見えたりとかさ。

キャスト見て、え?ありが入ったばっかり?とかね。

 

せしこまだ女役にコンバートしてすぐだったよね、とかさ。
いや、普通に剣心の時と既にかわらなかったね・・そういえば・・あの綺麗なおねぇさんの感じ。

 

いろいろ見ていると気づく点は多々ありますよ、そりゃ。
そういうの含めて、やっぱり見終わった後、あぁ、キム政権をもう少し見てたかったなぁ・・と思うわけですよ。北朝鮮じゃないよ。

 

まぁね、そうして次のスターが出て宝塚の歴史は紡がれていくんだな、と。
で、何が言いたいかというと、若干みっちゃんロスなわけですよ。