この記事は約 3 分で読めます

風の次郎吉 大江戸夜飛翔を見て

北翔海莉+花組のメンツの別箱

漢字を最初に見た時わからなかったけど大江戸ナイトショーなのよね。

スカステ入ってないのよ。
だから、楽天ShowTimeで見た訳だけどね。

 

この次郎吉は何がいいって、キャストがいいよね。

 

花組の中でも、歌うまの2人を前面に出す神采配。べーちゃん、ゆきちゃんが横並びにでてくるのが最高。

 

加えて、芸達者のたそですよ。

そして、歌うまいつも全力の主役のみっちゃん。

 

これ、多分今でも現段階のキャストにおいては最も好き。

 

後、たのしそうな、のびのびしているあきらね。

 

斎藤先生の大あたり芝居だと思いますわ。
これ、やってる時いきたかったなぁ・・・と思いながら見てた。

 

全員がのびのびとしてて、ハマリ役のように魅力が前面に出て、舞台で演じてても歌も上手に思えて輝くのが当たり舞台。

 

それがいつも見れると幸せだよねー。

 

収録が千秋楽の東京で日比谷じゃないから、生演奏のオケは聞けない訳だけど、それでも良かった。

まぁ、最後舞台挨拶もあって、それも収録されているから、見れて得した感はあるんだけどねー。

 

にしても・・・毎回の役付きが・・これ、2015年のお芝居だと思うんだけど、もうこの頃からマイティが役付きがかわいそうな感じになっちゃっているのよね。

 

やられキャラ系の関西ならおいしいで済むけど、正統派の筋肉番長にはかわいそうだと感じてしまった。

 

一方で同期のカレーはなんとなくイメージ的にかっこいい目の役なんだよなぁ・・・
本当、この差は一体・・・・

 

まぁ、なんとなくみりおがVISAと契約切れたら、おそらくカレーがVISA顔として受け継ぐんだろうな、とは思っているが。歌がんばってちょ・・

 

新公でもビルやった綺城ひか理も、たそのつっこみ役として、冷めた感じのいい役してた。

 

後、まだぴーちゃんがいるのが嬉しいね。
この時はエラい悪役顔になってるけど・・・

 

他にも、今見ると退団してしまった古株の面々始め、中堅のマキシムやきらりがいるのを懐かしく感じてしまった。

 

やっぱり入れ替わるんだよねー、ヅカって。
寂しくもあり、新しい面々も出てきつつそれを見守る的なね・・・

 

 

次郎吉のストーリーはほんと良かった

 

まぁヅカだから恋もの定期としても、ゆきちゃんとみっちゃんの揺れる恋心の行方、べーちゃんのキャラとみっちゃんへの思いの寄せ方。

 

マイティを助けるまでのストーリーとかね。

夏美さんの職人肌の親父の雰囲気もすごくいい味出してたし。

 

あきらの育ちのいいニート感も良かった。
遠山の金さんの若い時の役だからね。
切符のいいおにいさんという感じだったけど、笑顔がかっこいいんだよね、いちいち。
あらためてこういう男役って必要だわ、と感じたわ。

 

後はほんと、三味線やゆきちゃんの手妻芸含めて練習大変だったろうなぁ・・と思う。
これ、挨拶でみっちゃんも言ってたけど、練習やってもなかなかできないって、いろいろヅカに入るまでや入った後の多芸な人たちでも大変なんだからねぇ・・ほんとすごいわ。

 

そして、わざとらしいぐだぐだ感の町衆やマキシムたちも笑えて良かった(笑
まさかの最後の盛り上がるシーンで、たそが出てきた時はわかっててもほんと深夜に笑ったわwww

 

そして、最後の急展開ですよ。

 

なぜか、全く意図はないのに泣ける劇になってるのが凄い。
実際に見に行った人も、泣いてるひとも実際結構居たって言ってたし。

 

最後の挨拶も良かったね。
相変わらずできた人のみっちゃんの挨拶でアンコール続き。
演歌歌ってもまだアンコールでるなんて凄いよ。

 

後、「デッデデデ・・」って言ってるたそが相変わらずだよwwww

 

みっちゃんが組子を労ってる後ろでりりかちゃんとか涙ぐんでたしね。
星組トップが決まった後だったから、おめでとうムードだったけど、やっぱり人ができたトップの下でやるのはたのしいんだろうなぁ・・と勝手に感動した次第。

 

幕や背景も美しくて凄く手の込んだ作品に感じたよ。

 

いやぁ、いいね。

 

さて、もう一度桜華に舞え見に行かないと。